生後5ヶ月になったら相談を!

伝染病のワクチンに、狂犬病の注射も終わって、大体生後5ヶ月。獣医師に当たり前のように“去勢手術はいつにしますか?”ときかれ戸惑う飼い主さんもいると思います。手術はすぐじゃなきゃダメなのか、必ずやらないといけないのか…。お勧めする理由があるんです。

困った問題行動、マーキングを防げる!

あっちこっちにマーキングをしてしまうのは、男の子だから仕方ない。と思っていませんか?癖になる前に対応をしましょう。大体生後5ヶ月以降に足を上げてオシッコをするようになるのですが、それが始まる前に去勢をすることでマーキングを予防することができます。

マウンティングも同じです。

マウンティングは覚える前に手を打ちましょう!興奮すると、飼い主の手やお気に入りのぬいぐるみ、遊びに来たお客さんにまで腰をフリフリ。そんな困った癖も、覚える前に去勢をすることで抑えることができます。ただし、もうマウンティングをしたことのある犬は、個体差はありますが去勢後しなくなることはほぼありません。

性格が穏やかに!

しつけもしやすくなります。去勢手術をすることで性格がおだやかになることもあって、しつけがとてもしやすくなります。しつけ教室では、去勢をしていることが条件のところもあります。特に、気性が荒くなることが多い柴犬などの日本犬には、強くお勧めしています。

高齢になってからの病気の予防

病気を防いで、リスクを低く!去勢の一番の理由は、前立腺肥大や肛門周囲腺腫など、生殖器系の病気の予防といっても過言ではありません。悪性である場合もあるので、できるだけ予防してあげましょう。高齢になってからの手術は、非常にリスクが高くなります。若いうちに手術してあげましょう。

良いこと尽くめですが…リスクもあります。

手術をするということは、麻酔をかけるということ。麻酔をかける場合、100%安全と言い切れません。しかし病院の方も術前検査などをし、万全の体制で手術にのぞみます。信頼の置ける獣医師さんに納得いくまで相談し、家族でも良く話し合って後悔の無いように決めましょう。

去勢手術を拒否するのは、やはり男性の飼い主さんが多いです。お気持ちはお察ししますが、病気を防ぐためにも是非検討してみてください。高齢になってから苦しむ姿を見るのは、とても辛いことです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

困った!餌を食べない気まぐれ猫にはどうしたらいいの?

餌を変えたら食べない、昨日まで食べていたのに食べなくなった、など餌の悩みを抱える飼い主さんは多いもの。餌を食…

避妊・去勢した子用!?しっかり選びたい、猫の餌を選ぶときの5つのポイント

ドライ、ウェット、国産、オーガニック…いざ買いに行くと、種類がありすぎて迷ってしまう猫のフード選び。年齢、性…

3年ぶりに再会した飼い主の前で、もはやダダッ子になっちゃったワンコが可愛すぎ!

愛犬と長い間離れ離れにならざるを得ない経験をお持ちの飼い主さんもいらっしゃるのでは? 今回ご紹介するのは、3…

関連するキーワード