愛犬のマウンティングにはどんな意味があるの??

犬の行動・しぐさで見られるマウンティング。発情期のしぐさのイメージが強いですが、実際にはそれ以外でも犬の様々な感情や事情があるのです。
愛犬がマウンティング、その理由を考えてみましょう。

発情期じゃないマウティングの意味は??

発情期の雌に対してではなく、雄同士でも他の犬に乗ってマウンティングする犬がいます。あれは上下関係をつけたい時の行動です。全部ということではなく、優劣をつけたい犬にそのしぐさが多く見られます。下になっている犬が大人しくしていれば上下関係は成立していますが、喧嘩になる場合もあります。

ぬいぐるみなど、玩具やものに対して行う時には?

意味合いは犬同士の場合と同じです。相手が玩具など生き物ではないので、特に問題はありません。喧嘩にも発展しませんし、あまり気にしなくて良いものです。多頭飼いしていない犬や子犬の頃には多く見られますが、かわいらしい行動です。

飼い主さんにマウンティング?それはどんな時?

飼い主さんと遊んでいる時にマウンティングする犬もいます。状況によりますが、玩具などで遊んでもらっているような、テンションが高まった時に見られるようです。遊びの途中で玩具を持っている手に向けてやる場合は、テンションが上がってしまっている時が多いようです。

飼い主さんへの独占欲からマウンティングする場合もあります

中には、飼い主さんへの独占欲が強いあまり、マウンティングする犬もいます。愛犬がマウンティングする時の状況を観察してみましょう。
遊びの中の延長で腕に軽くというような場合は、興奮気味だったり独占欲からが多いです。特に何でもない時に飼い主に乗ってしているようなら、飼い主を下に見ていることになります。

家族に向けてのマウンティングをやめさせるには?

犬同士ではなく、明らかに家族を下に見ているマウンティングは止めさせることが大切です。
これは幼犬の頃からさせないように気をつけることが一番です。愛犬が飼い主の腕に始めたらその上から背中を抑えて上であることを教えます。背中に乗って来たらおろして仰向けにお腹を出し、服従のポーズにするのも効果的です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が突然マウンティングを始めたら、飼い主さんによってはびっくりすると思います。縄張り意識の強い犬の場合は、雌でもマウンティングする犬は多いのです。特に飼い主さんへの場合は、犬が上下関係を決めていることも多いので、子供に対しての時にも早期にやめさせましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

ペットシーツ処理機デオポット消臭タイプ本体+カセット1個付き

3層構造の専用カセットのフィルムがにおいを強力に閉じ込めます。

関連する読みモノ

決まった場所で爪をとぐ!?どこでも爪とぎしてしまう猫をうまくしつける4つのルール!

猫の爪とぎ場所は、人間にとっても猫にとっても重要な問題。猫に「必ずここでしてね」としつける方法とは?

海外で人気!永遠の愛を誓うワンコカップルの結婚式

海外では「愛犬同士の結婚式」が行われていることをご存知ですか?日本でもブームの予感がするワンコの結婚式につい…

飼い主さん必須の知識!検査で使う犬のおしっこやうんちを上手に採取する方法をわかりやす…

犬のおしっこやうんちは健康診断や病気の治療の際に必要となる貴重な情報源!犬の飼い主の方へ向けた、上手な採取方…

関連するキーワード