愛犬のマウンティングにはどんな意味があるの??

犬の行動・しぐさで見られるマウンティング。発情期のしぐさのイメージが強いですが、実際にはそれ以外でも犬の様々な感情や事情があるのです。
愛犬がマウンティング、その理由を考えてみましょう。

発情期じゃないマウティングの意味は??

発情期の雌に対してではなく、雄同士でも他の犬に乗ってマウンティングする犬がいます。あれは上下関係をつけたい時の行動です。全部ということではなく、優劣をつけたい犬にそのしぐさが多く見られます。下になっている犬が大人しくしていれば上下関係は成立していますが、喧嘩になる場合もあります。

ぬいぐるみなど、玩具やものに対して行う時には?

意味合いは犬同士の場合と同じです。相手が玩具など生き物ではないので、特に問題はありません。喧嘩にも発展しませんし、あまり気にしなくて良いものです。多頭飼いしていない犬や子犬の頃には多く見られますが、かわいらしい行動です。

飼い主さんにマウンティング?それはどんな時?

飼い主さんと遊んでいる時にマウンティングする犬もいます。状況によりますが、玩具などで遊んでもらっているような、テンションが高まった時に見られるようです。遊びの途中で玩具を持っている手に向けてやる場合は、テンションが上がってしまっている時が多いようです。

飼い主さんへの独占欲からマウンティングする場合もあります

中には、飼い主さんへの独占欲が強いあまり、マウンティングする犬もいます。愛犬がマウンティングする時の状況を観察してみましょう。
遊びの中の延長で腕に軽くというような場合は、興奮気味だったり独占欲からが多いです。特に何でもない時に飼い主に乗ってしているようなら、飼い主を下に見ていることになります。

家族に向けてのマウンティングをやめさせるには?

犬同士ではなく、明らかに家族を下に見ているマウンティングは止めさせることが大切です。
これは幼犬の頃からさせないように気をつけることが一番です。愛犬が飼い主の腕に始めたらその上から背中を抑えて上であることを教えます。背中に乗って来たらおろして仰向けにお腹を出し、服従のポーズにするのも効果的です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬が突然マウンティングを始めたら、飼い主さんによってはびっくりすると思います。縄張り意識の強い犬の場合は、雌でもマウンティングする犬は多いのです。特に飼い主さんへの場合は、犬が上下関係を決めていることも多いので、子供に対しての時にも早期にやめさせましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

猫のしつけで困っている人必見! 定期講演から自宅訪問で受けられる猫のしつけ相談

猫のしつけ教室はあるのでしょうか?猫も初めての場合は特にしつけに悩むことはあるものです。東京の猫のしつけ教室…

犬に「オスワリ」の次にしつける「マテ」「ヨシ」のコマンドは犬には難しいの!?

犬が「オスワリ」「フセ」などの基本のコマンドを覚えたら、次にしつけたいのが「マテ」「ヨシ」のコマンドです。特…

エスカレートしがちな「要求吠え」をやめさせるには?

あなたは愛犬が、散歩や食事の時間が近づくとそばに来てワンワン吠えたてられて困った経験はありませんか?それは“…

関連するキーワード