楽しいひと時を快適に

愛犬との散歩の時間帯は決まっていますか?ライフスタイルによって散歩の時間帯は様々ですが、できれば散歩に一番適した時間帯に連れて行ってあげたいですね。ここでは散歩の時間帯に関して、調べてまとめてみました。

朝は人混みに注意

朝の散歩は通勤時間と重なることがあるかもしれません。散歩コースで人通りが多い道を通ることはありませんか?人通りが多ければ急いでいる人とのトラブルや、犬が苦手な人がいる可能性が高くなります。時間を前後にずらしたり、コースを変更するなど他の方への配慮が必要です。

夕方は下校の子どもたちの見守り役

夕方の散歩の時間帯と子どもたちの下校時間が同じくらいという場合は、ぜひ下校の見守りを兼ねてお散歩をしてみてください。その際も犬が苦手な子がいるということを忘れないようにしましょう。また犬との接し方に慣れていない子がいますので、触ろうと近づいてくる子どもへの対応も慎重にしたほうがよいでしょう。

夏の暑さは命の危険も!

夏の暑い盛りの時間帯に散歩をすることはとても危険なので絶対に避けましょう。飼い主さんも暑いのはもちろん、アスファルトの照り返しをもろに受ける愛犬の体感気温は50度以上になります!足の裏を火傷してしまう危険も。やむを得ず散歩する時は、必ず水分と足を保護する靴や靴下等を履かせるようにしましょう。

冬は暖かくなってきてから

室内で飼われている犬は、暑さ寒さにとても弱いです。特に体が小さかったり弱かったり、老犬などは急激な気温の変化に弱いもの。暖房の効いた暖かい室内から急に寒い屋外に出ると、ショック状態になってしまうこともあります。寒い時期はなるべく暖かい昼間に、防寒対策をしての散歩を心がけましょう。

散歩へいくタイミングは状況に応じて

犬は時間感覚を持っています。毎日の散歩時間を○時と決めてしまうと、その時間が近づくにつれ散歩の催促をするようになります。用事があってどうしてもいけない時などは激しく吼えたりと要求もエスカレートし、愛犬にとってストレスになってしまいます。散歩へ行く時間は固定せず、1~2時間の幅を持つようにしましょう。
いかがでしたか?散歩へ行く時間は固定せずに、外の気温や天候、人通りなどの状況に応じて、最も最適な時間帯で行けば、愛犬といつもより楽しい散歩ができそうですね。最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

犬と猫はやっぱり名コンビ!?一緒に飼う時の相性や問題を知っておきたい!

ペットを多頭飼いしている人は意外に多く、中には犬と猫を一生に飼っている場合も良くあります。実際に飼う時の注意…

もうやめて!犬がトイレシートを破るのはなぜ?

愛犬がトイレシートを破る背景にはいくつかの理由があり、子犬と成犬だと破る理由が少し変わってきます。なぜシート…

ペットと一緒に公共の交通機関に乗れるの?乗るときのルールは?

ペットと一緒に出かける時、どのように移動していますか?自家用車での移動だけでなく、どうしてもバスや電車などの…

関連するキーワード