検査結果の読み方はほとんど人間と同じです

人間と同じように愛犬の場合も、体調が悪いとき、手術前、健康診断、フィラリアなど血液検査をする機会は結構多いものです。毎回「問題ありませんでした」と言われ、少し正常値より高かったり低かったりしてもなかなか病院の先生に質問できない、そんな経験はありませんか?犬の血液検査についてまとめてみました。

血液検査の種類

動物病院で行う血液検査は、大きく分けて
・全血球検査
・血液生化学検査
・CRP
の三種類があります。

全血球検査では、貧血や脱水が無いか、血液生化学検査では、体(臓器)に異常がないか、CRPでは、炎症が起きていないかがわかります。

全血球検査は血液の成分の値を検査します

全血球検査では、血液の成分の値を検査します。
WBC(白血球)…高いと炎症、低いと少し免疫が落ちている可能性も。
RBC(赤血球)…高いと脱水、低いと貧血。
PLT(血小板)…低いと血液が固まりにくく、出血しても止まるのが遅かったりします。
他にも項目はありますが、大体この辺りを値から読み取れれば十分です。

血液生化学検査の見方その1!

内臓の状態などがわかります。

肝臓…ALP、AST、ALT、γ-GTP。これらがすべて高いと、肝臓に問題があります。ALPは採血や病院に来るストレスで高くなりやすいので、ALPのみ高い場合は様子を見てもいいでしょう。

腎臓…BUN、CREA。高いと腎機能の低下が考えられます。高齢の犬は特に注意が必要です。

血液生化学検査の見方その2!

GLU…血糖値。値が高いと糖尿病の可能性も。低いと低血糖を起こしているので、子犬の場合注意が必要です。

AMY、LIP…膵臓に関する項目。高いと膵炎の可能性。

TG、CHOL…体脂肪にコレステロール。高ければおやつを控えたりダイエットの必要があるかもしれません。

Ca、P…代謝に関する項目で、子犬は高くなりやすい。

CRPは他の検査項目と合わせて見ましょう

これ単体ではなく、他の検査の項目と合わせてみることが多いです。

・腫瘍
・細菌感染(子宮蓄膿症など)
・皮膚炎
・免疫介在製の炎症(免疫介在性関節炎)
・胃腸炎

などがわかります。健康診断では行われることはあまり無いと思いますが、体調不良で受診したときはCRPも計ることが多いようです。

いかがでしたか?
少し難しいですが、この程度分かればアルファベットと数字が羅列した検査結果が、これまでよりも理解できると思います。正常値は結果に書いていると思うので合わせてみてくださいね。動物看護師向けのサイトにも詳しく載っていたりします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

人ごとでは済まない、犬を取り巻く訴訟事件にご用心!

犬を飼っていると楽しいことはたくさんあります。一緒にお出かけしたり、癒されることも多いものです。しかし、その…

かわいいだけでは飼えません!犬を飼う前に確認したい5つのこと

ペットショップには、かわいい子犬が沢山います。犬を飼うことって予想以上に大変です。そこで犬を飼う前にしっかり…

暑い夏のお散歩、気温や時間などどう対策すればいいの?

猛暑日が続く夏、大切な愛犬のお散歩はどうしてますか?お散歩は愛犬のためにとても大切ですが、気温の高い時間帯に…

関連するキーワード