簡単そうで犬には難しい!?「マテ」「ヨシ」のコマンド

「オスワリ」「フセ」がしつけられたら、次はその姿勢のまま「マテ」が出来るようにしつけましょう。同じ姿勢のまま、ずっと次の指示である「ヨシ」を言われるまでじっとしていなくてはならない「マテ」は犬にとっては、忍耐を要するかなり難しいコマンドです。

特に外出時にとても役立つ「マテ」のコマンド

最近では、犬と一緒に様々な場所へ出かけることも増えてきています。そんな時、とても大切になってくるのが「マテ」のコマンドです。ドッグカフェなどでくつろいでいるとき「マテ」ができれば、飼い主さんはゆっくりお茶を楽しむことが出来ます。また、ドッグランなどでリードをつける場面などで急がなくていいので便利です。

「マテ」と「ヨシ」を教えてみましょう。

犬に「オスワリ」や「フセ」の姿勢を取らせたら、犬の前におやつを置いて「マテ」と声をかけましょう。犬が動こうとしたら、また「マテ」の声で犬をとどめます。そのままの体勢で犬が我慢できたら「ヨシ」と声をかけて、褒めておやつをあげましょう。

少しづつ難しい「マテ」を教えてゆきましょう

繰り返し繰り返し行うことで、犬は「マテ」をすれば、次に「ヨシ」の声がかかればおやつを貰えることを覚えます。この二つのコマンドを覚えたら、次は「マテ」の時間を少しづつ延ばしてゆきましょう。最初は30秒くらいから少しずつ「マテ」の時間を伸ばしてゆくのがよいでしょう。

難易度が高い、離れた場所からの「マテ」

ある程度の時間「マテ」が出来るようになったら、次は飼い主さんから離れた状態で「マテ」をさせてみましょう。犬にとって知らない場所で飼い主さんと離れることは不安なので、「マテ」をしている犬から少しずつ離れていくようにしましょう。焦らず少しずつ距離を置くようにするのがポイントです。

実際の暮らしの中でコマンドを実践しましょう

ただ芸としてではなく、しつけとして日常的にコマンドを使うようにしましょう。犬に食事をあげるときは常に「オスワリ」「マテ」「ヨシ」をセットで使い、散歩の時にも「マテ」と「ヨシ」を使ってみるなど、犬の行動をコントロールできるようにすると良いでしょう。

「マテ」「ヨシ」のコマンドは、犬を制御するのにとても大切です。特に、力で制御するのが難しい大型犬には、絶対にしつける必要があります。また、犬から離れての「マテ」は、犬と飼い主との信頼関係がなければできません。しつけの前に犬との信頼関係を築くことが大切です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ジューシーでおいしい!PV 北海道産 牛肉100% 30g

PVが作り出したワンちゃんが大好きなおやつをどうぞお試しください!

高タンパク・低カロリー・消化吸収率バツグンの PV 北海道産 鶏ささみ 35g

北海道産の鶏ささみを作りました。愛犬に与えたい逸品ですのでどうぞお試しください!

関連する読みモノ

とっても簡単!?犬のしつけに言葉よりも「クリッカー」が断然優れている訳

犬にしつけをする時、一般的には言葉で犬にその行動をとらせます。同じしつけでもクリッカーを使えば、もっと簡単に…

においを強力消臭! 炭入りペットシーツのここがすごい!

一言にペットシーツといっても色々な種類のものが発売されていて、実際に飼い主さんはどれを選んだらいいのか迷って…

愛くるしい表情にメロメロ!安定した人気のポメラニアン、飼うにはどんな注意が必要?

安定した人気の犬種、ポメラニアン。ふわふわの体毛と愛嬌のある顔がとても可愛いです。実際に飼う場合の、飼い方の…

関連するキーワード