簡単そうで犬には難しい!?「マテ」「ヨシ」のコマンド

「オスワリ」「フセ」がしつけられたら、次はその姿勢のまま「マテ」が出来るようにしつけましょう。同じ姿勢のまま、ずっと次の指示である「ヨシ」を言われるまでじっとしていなくてはならない「マテ」は犬にとっては、忍耐を要するかなり難しいコマンドです。

特に外出時にとても役立つ「マテ」のコマンド

最近では、犬と一緒に様々な場所へ出かけることも増えてきています。そんな時、とても大切になってくるのが「マテ」のコマンドです。ドッグカフェなどでくつろいでいるとき「マテ」ができれば、飼い主さんはゆっくりお茶を楽しむことが出来ます。また、ドッグランなどでリードをつける場面などで急がなくていいので便利です。

「マテ」と「ヨシ」を教えてみましょう。

犬に「オスワリ」や「フセ」の姿勢を取らせたら、犬の前におやつを置いて「マテ」と声をかけましょう。犬が動こうとしたら、また「マテ」の声で犬をとどめます。そのままの体勢で犬が我慢できたら「ヨシ」と声をかけて、褒めておやつをあげましょう。

少しづつ難しい「マテ」を教えてゆきましょう

繰り返し繰り返し行うことで、犬は「マテ」をすれば、次に「ヨシ」の声がかかればおやつを貰えることを覚えます。この二つのコマンドを覚えたら、次は「マテ」の時間を少しづつ延ばしてゆきましょう。最初は30秒くらいから少しずつ「マテ」の時間を伸ばしてゆくのがよいでしょう。

難易度が高い、離れた場所からの「マテ」

ある程度の時間「マテ」が出来るようになったら、次は飼い主さんから離れた状態で「マテ」をさせてみましょう。犬にとって知らない場所で飼い主さんと離れることは不安なので、「マテ」をしている犬から少しずつ離れていくようにしましょう。焦らず少しずつ距離を置くようにするのがポイントです。

実際の暮らしの中でコマンドを実践しましょう

ただ芸としてではなく、しつけとして日常的にコマンドを使うようにしましょう。犬に食事をあげるときは常に「オスワリ」「マテ」「ヨシ」をセットで使い、散歩の時にも「マテ」と「ヨシ」を使ってみるなど、犬の行動をコントロールできるようにすると良いでしょう。

「マテ」「ヨシ」のコマンドは、犬を制御するのにとても大切です。特に、力で制御するのが難しい大型犬には、絶対にしつける必要があります。また、犬から離れての「マテ」は、犬と飼い主との信頼関係がなければできません。しつけの前に犬との信頼関係を築くことが大切です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

食べて満足!PV 北海道産 バランスビッツ 80g

北海道産のバランスビッツを発売したのでよろしければお試しください!

シリーズ最軽量の軽さ!コムペット ミリミリ 小型犬用キャリーカート

コムペットのミリミリライトはベビーカーの技術とノウハウを活かした快適ペットカートです。小型犬のお出かけ、お散…

これでラクラク!ワンちゃんのウンチ処理袋 ウンチポイ 100枚入 お徳用パック

ワンちゃんとお散歩のときにウンチをしちゃったら素早く対処したいですよね!そんな時ワンちゃんのウンチ処理袋 ウ…

関連する読みモノ

初めて犬を飼う飼い主さんが、ついやってしまう、やってはいけないしつけの行動

犬にしつけをするのは飼い主の大切な役割ですが、しかり方を間違えてしまうと、信頼が築けず逆効果になってしまうこ…

海外で人気!永遠の愛を誓うワンコカップルの結婚式

海外では「愛犬同士の結婚式」が行われていることをご存知ですか?日本でもブームの予感がするワンコの結婚式につい…

もうやめて!犬がトイレシートを破るのはなぜ?

愛犬がトイレシートを破る背景にはいくつかの理由があり、子犬と成犬だと破る理由が少し変わってきます。なぜシート…

関連するキーワード