簡単そうで犬には難しい!?「マテ」「ヨシ」のコマンド

「オスワリ」「フセ」がしつけられたら、次はその姿勢のまま「マテ」が出来るようにしつけましょう。同じ姿勢のまま、ずっと次の指示である「ヨシ」を言われるまでじっとしていなくてはならない「マテ」は犬にとっては、忍耐を要するかなり難しいコマンドです。

特に外出時にとても役立つ「マテ」のコマンド

最近では、犬と一緒に様々な場所へ出かけることも増えてきています。そんな時、とても大切になってくるのが「マテ」のコマンドです。ドッグカフェなどでくつろいでいるとき「マテ」ができれば、飼い主さんはゆっくりお茶を楽しむことが出来ます。また、ドッグランなどでリードをつける場面などで急がなくていいので便利です。

「マテ」と「ヨシ」を教えてみましょう。

犬に「オスワリ」や「フセ」の姿勢を取らせたら、犬の前におやつを置いて「マテ」と声をかけましょう。犬が動こうとしたら、また「マテ」の声で犬をとどめます。そのままの体勢で犬が我慢できたら「ヨシ」と声をかけて、褒めておやつをあげましょう。

少しづつ難しい「マテ」を教えてゆきましょう

繰り返し繰り返し行うことで、犬は「マテ」をすれば、次に「ヨシ」の声がかかればおやつを貰えることを覚えます。この二つのコマンドを覚えたら、次は「マテ」の時間を少しづつ延ばしてゆきましょう。最初は30秒くらいから少しずつ「マテ」の時間を伸ばしてゆくのがよいでしょう。

難易度が高い、離れた場所からの「マテ」

ある程度の時間「マテ」が出来るようになったら、次は飼い主さんから離れた状態で「マテ」をさせてみましょう。犬にとって知らない場所で飼い主さんと離れることは不安なので、「マテ」をしている犬から少しずつ離れていくようにしましょう。焦らず少しずつ距離を置くようにするのがポイントです。

実際の暮らしの中でコマンドを実践しましょう

ただ芸としてではなく、しつけとして日常的にコマンドを使うようにしましょう。犬に食事をあげるときは常に「オスワリ」「マテ」「ヨシ」をセットで使い、散歩の時にも「マテ」と「ヨシ」を使ってみるなど、犬の行動をコントロールできるようにすると良いでしょう。

「マテ」「ヨシ」のコマンドは、犬を制御するのにとても大切です。特に、力で制御するのが難しい大型犬には、絶対にしつける必要があります。また、犬から離れての「マテ」は、犬と飼い主との信頼関係がなければできません。しつけの前に犬との信頼関係を築くことが大切です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

多頭飼いで起きる犬同士のトラブル!性格の合わないコたちを上手に育て方てる方法

多頭飼いは、上手に飼っている人もいますが、意外と犬同士の性格が合わず大変なこともあります。相性が悪かった場合…

おしっこで電柱が腐食!?犬のおしっこが招く事故とは

犬のお散歩中、電柱におしっこをさせていませんか?何気なく行っているその行為も、積もり積もると大きな事故を引き…

中型犬の中でも噛む力がダントツ!ジャックラッセルテリアを飼う時の注意点とは?

見た目も可愛く人気のジャックラッセルテリア。噛む力が強く、飼育上注意が必要な点も多い犬種の一つです。日常で気…

関連するキーワード