最初に教えたいコマンド「オスワリ」と「フセ」

しつけのコマンドは沢山ありますが、まず覚えて欲しい基本のコマンドがあります。その中でも大切なコマンド「オスワリ」と「フセ」は、ぜひマスターしておきましょう。このコマンドをマスターしていないと、もっとも重要な「マテ」のコマンドを教えるのが難しくなります。

犬をしつける前知っておくこと

まず犬をしつける時に大切なのは、根気よく何度も丁寧に教えること、そして決して叱らないことです。犬は好奇心が旺盛で、遊んだり食べたり楽しいことが大好きです。そんな犬の性格を十分に理解し上手にしつけることで、犬は沢山のことを学んでゆきます。

コマンドは短く、いつも同じ言葉を使うこと

犬は賢い動物ですが、言葉の意味を理解して行動しているわけではありません。何度も何度も繰り返し教えることで、コマンドの音と行動を結び付けて記憶しているのです。ですから、コマンドはなるべく短く、そして覚えやすい言い方をしましょう。コマンドを発するときの声ははっきりと、そしていつも同じ調子で発することが大切です。

「オスワリ」をしつけてみましょう

「オスワリ」を教える時は無理にお尻を押したりせず、犬が自然とお尻を着く姿勢になるようにしましょう。まず、犬の目線が上を向くような位置でおやつを見せ、犬に興味を持たせます。「オスワリ」と言いながら、徐々におやつを頭上にずらし、犬が自然と上を向いて尻もちをつくような形でオスワリをさせ、出来たらすぐにおやつをあげてたっぷりと褒めましょう。

「フセ」をしつけてみましょう

「フセ」は「オスワリ」をマスターしてから教えると、簡単に教えられます。オスワリをした状態の犬の鼻先におやつを持って行き、犬が興味を持ったら「フセ」と言いながらおやつを徐々に床に着けます。犬の頭が床に着いたくらいで、おやつを手前に引くと自然とフセの姿勢になるので、出来たらすぐにおやつをあげてたくさん褒めましょう。

日常の中でコマンドを使うようにしましょう

犬が「オスワリ」「フセ」を覚えたら普段の生活の中でもこまめに使うようにしましょう。おやつをあげる時やお散歩などで使えば、犬はしっかりと憶えてゆきます。逆にもう覚えたからと日常で使わないでいると、せっかく覚えたことも忘れてしまいます。しつけは、いつでもきちんとできるようにすることが大切です。

あなたが熱心にしつけても犬がなかなか上手に「オスワリ」「フセ」が出来ない、そんな時もあります。いらいらしたりせず、少し時間をおいてからまた始めてみましょう。特に子犬の場合は、好奇心はあっても根気が続きません。一度に長時間のしつけは逆効果、やる気をなくしてしまいますので注意が必要です。最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

あふれるしつけ方法、あなたは愛犬とどのような関係を築きたいですか?

犬のしつけに対してはいくつもの考え方に分かれます。愛犬と一緒に寝るかどうかもその一つですが、室内犬のしつけを…

ペットを飼って最も実感するのは「癒し」!犬猫飼育実態調査から分かること

ペットを飼う人は増えていますが、多くの人が共通して実感してするのが「癒し」であることが分かりました。ペットフ…

犬の外耳炎ってどんな症状?予防に効果的なお手入れ法が知りたい!

犬に多い病気の一つは外耳炎です。外耳炎はダニや細菌などが原因で起こり、初期にはなかなか気づかないこともあって…

関連するキーワード