最初に教えたいコマンド「オスワリ」と「フセ」

しつけのコマンドは沢山ありますが、まず覚えて欲しい基本のコマンドがあります。その中でも大切なコマンド「オスワリ」と「フセ」は、ぜひマスターしておきましょう。このコマンドをマスターしていないと、もっとも重要な「マテ」のコマンドを教えるのが難しくなります。

犬をしつける前知っておくこと

まず犬をしつける時に大切なのは、根気よく何度も丁寧に教えること、そして決して叱らないことです。犬は好奇心が旺盛で、遊んだり食べたり楽しいことが大好きです。そんな犬の性格を十分に理解し上手にしつけることで、犬は沢山のことを学んでゆきます。

コマンドは短く、いつも同じ言葉を使うこと

犬は賢い動物ですが、言葉の意味を理解して行動しているわけではありません。何度も何度も繰り返し教えることで、コマンドの音と行動を結び付けて記憶しているのです。ですから、コマンドはなるべく短く、そして覚えやすい言い方をしましょう。コマンドを発するときの声ははっきりと、そしていつも同じ調子で発することが大切です。

「オスワリ」をしつけてみましょう

「オスワリ」を教える時は無理にお尻を押したりせず、犬が自然とお尻を着く姿勢になるようにしましょう。まず、犬の目線が上を向くような位置でおやつを見せ、犬に興味を持たせます。「オスワリ」と言いながら、徐々におやつを頭上にずらし、犬が自然と上を向いて尻もちをつくような形でオスワリをさせ、出来たらすぐにおやつをあげてたっぷりと褒めましょう。

「フセ」をしつけてみましょう

「フセ」は「オスワリ」をマスターしてから教えると、簡単に教えられます。オスワリをした状態の犬の鼻先におやつを持って行き、犬が興味を持ったら「フセ」と言いながらおやつを徐々に床に着けます。犬の頭が床に着いたくらいで、おやつを手前に引くと自然とフセの姿勢になるので、出来たらすぐにおやつをあげてたくさん褒めましょう。

日常の中でコマンドを使うようにしましょう

犬が「オスワリ」「フセ」を覚えたら普段の生活の中でもこまめに使うようにしましょう。おやつをあげる時やお散歩などで使えば、犬はしっかりと憶えてゆきます。逆にもう覚えたからと日常で使わないでいると、せっかく覚えたことも忘れてしまいます。しつけは、いつでもきちんとできるようにすることが大切です。

あなたが熱心にしつけても犬がなかなか上手に「オスワリ」「フセ」が出来ない、そんな時もあります。いらいらしたりせず、少し時間をおいてからまた始めてみましょう。特に子犬の場合は、好奇心はあっても根気が続きません。一度に長時間のしつけは逆効果、やる気をなくしてしまいますので注意が必要です。最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ペットシーツ処理機デオポット消臭タイプ本体+カセット1個付き

3層構造の専用カセットのフィルムがにおいを強力に閉じ込めます。

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

関連する読みモノ

猫砂が嫌いな愛猫の対処法

愛猫が猫砂を嫌がる原因をまとめます。猫砂の種類や選び方、トイレ環境の見直し、原因の見分け方などをご紹介します…

散歩キライの犬もいる!?愛犬との散歩を楽しむために必要なこと(デビュー編)

意外とお散歩が苦手な犬は多いもの。天候や体調など都合もあるので必ず毎日する必要はありませんが、適度なお散歩は…

困った!愛犬の反抗期のしつけはどうしたらいい?反抗時期の心得とは?

犬にも人間のように反抗期があります。成長時期の過程でやってくる反抗期の対処法についてご紹介します。

関連するキーワード