ケージ飼いにを犬をオリに閉じ込めておく飼い方、という否定的な暗いイメージを持っている方がまだまだ多いです。私もそう思ってた一人です。しかし愛犬の為には必要なしつけです。

狭いところが好きなのは犬の習性です

愛犬がそんな所に!と思うような狭い場所に入り込んでる姿を、一度は見た事がありませんか?犬は元から狭い場所が好きな習性があるので、ケージを設置する事で自分のテリトリーが増え落ち着ける場所を確保する事ができす。また後々のしつけにも役に立ちます。

ケージを置くメリット

ケージを置くことによって愛犬のテリトリーが増え、叱られたりした時に落ち着ける隠れ家や逃げ場になります。そして飼い主との主従関係がしっかり築けるようになります。災害などで避難する場合、普段からケージに入る習慣があれば急に閉じ込められるストレスを軽減する事が出来ます。

ケージを選ぼう

まずはケージを家のどこに置くかを決めましょう。そうしないと自分たちの生活に支障が出て、邪魔に感じてしまうことも。そしてケージの大きさは、愛犬がケージの中でUターン出来るくらいが理想です。子犬の時の大きさではなく、成犬になった時をイメージして選びましょう。
そして犬は毛が抜けて溜まってしまいますので、掃除がしやすいタイプがお勧めです。

ケージに入れてみましょう

説明だと簡単ですが、犬によっても嫌がることもあるのでなかなか大変です。もう根気強く、まずはオヤツを使うなどして誘導作戦を使ってみましょう。ケージに入る恐怖心や警戒心を解かない事には先に進めません。
ケージだけではなく、クレートやキャリーバックに入れるのも苦労してる方はおやつを使った誘導方法でやってみましょう。

難しいと思ったらプロに任せてみましょう

ケージに入れたいのが子犬だったら、根気強いしつけで上手くいくでしょう。しかし成犬ましてはシニア犬になると、なかなか難しいかもしれません。そんな時は費用はかかりますが一度しつけ教室など、プロの方に相談してみるのも一つの方法です。

ケージ飼いをしましょうと言う事ではなく、子犬の頃からケージに慣れさせておきましょう。万が一の災害等に備えるためにも、飼い主としても少しでもストレスを軽減させてあげる必要があります。なので我が家ではケージの扉は閉めず、自由に出入りして必要に応じて入ってもらうようにしています。
最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ジューシーでおいしい!PV 北海道産 牛肉100% 30g

PVが作り出したワンちゃんが大好きなおやつをどうぞお試しください!

選べる3サイズ! 安心日本製の炭入り消臭ペットシーツ

国産、厚型の炭入り消臭ペットシーツです。サイズはレギュラー、ワイド、スーパーワイドの3種類からお選びいただけ…

関連する読みモノ

犬生理用品は高価だ…それなら紙おむつを使ってDIYしよう!

市販されている犬用生理ナプキンや紙おむつ。値段がちょっと高い…と思うのであれば、DIYするのがおすすめ。赤ち…

シニアを迎えた愛犬と寿命まで幸せな時間を過ごしたい!病気のケア以外に飼い主ができるこ…

犬の寿命は全体的に延びていると言われています。しかし大きな病気などない場合でも、犬の老いは突然やってきます。…

正しいハイハイの仕方を教えてあげるわ!

熱血指導のワンコ先生と一ハイハイを生懸命覚えようとがんばっている生徒の赤ちゃんに注目です!

関連するキーワード