「いつもの」を一緒に預けて、安心させてあげましょう

他の動物の鳴き声や、知らない人、知らない場所。犬にとってのホテルは、不安だらけです。いつも通っている病院やペットホテルでも、飼い主と離れて過ごすのは全く違います。ご飯を食べなかったり、トイレを我慢しちゃう犬もいます。これからご紹介する5つ道具で、犬の不安を和らげましょう。

お世話のポイントをメモにまとめておきましょう

ご飯やトイレの時間や回数など気をつけることや生活リズムを書いたメモをホテルに渡してください。「寝る前にもトイレをさせる」などは、時間通りには出来ないかもしれませんが、最後のスタッフが帰る前にトイレさせたりと可能な限りで対応してもらえます。
ご飯の量やあげ方(ふやかすなど…)も書いておくといいでしょう。

いつもの大好きなフードやおやつ

いつも家で食べているフードやおやつもぜひ持っていってあげましょう。ホテル中で緊張しているのに初めてのゴハンを出されると食べてくれない犬もいます。特に、アレルギーがある犬や病気がある子は療法食を忘れないようにしましょう。1回分ずつ小分けにしておくのもいいかもしれません。

いつも使っている首輪やハーネス、リード

預ける施設によりますが、ホテル中の犬をお散歩に連れて行く所もあるようです。そういったところでは首輪やリードなども用意してはいますが、やはりいつも家で使っている体のサイズに合った物を持って行きましょう。付け慣れないハーネスが嫌で暴れてしまい体ごと抜けてしまう、という事故も考えられます。

自分の匂いのついたタオルやフリースなど

預けるときにスタッフに一言伝えれば、自分のにおいのついた安心できるタオルなどをケージの中に入れてくれます。いつも家で寝床に敷いている自分の匂いのついたタオルなどを持って行ってあげましょう。ストレスが原因で嘔吐や粗相してしまう犬もいるので、汚れてもよく洗えるものだといいですね。ベッドでも、ケージに入るサイズで丸洗いできるものなら安心です。

犬が大好きなオモチャ

かじって遊べて暇をつぶせるオモチャもぜひ持っていってあげましょう。中におやつを入れておけるコングなどもおすすめです。いつも使っていてるぬいぐるみでも、ストレスでかじって綿や目玉などのプラスチック部分を誤飲する恐れがあるので、様子を見つつ控えた方が安心かもしれません。

フードや首輪、タオルなどはそのホテルなどの施設にあるのが普通です。しかし、やはりいつも使い慣れたものの方が安心感をおぼえます。予防接種の証明書や診察券、保険に入っていれば保険証も忘れずに!最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

FLF レニーム 虫除け+毛艶スプレー ミニ 50ml

レニームを知っていますか?最近注目されている主原料です。今回は犬にも人にも優しいスプレーを紹介します。

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

関連する読みモノ

犬にパンをあげるときの注意点

犬にパンを与えてもよいのか疑問に思っていませんか。いくつかの点に注意すればパンを与えることに問題はありません…

犬を飼うということはどういうこと?真剣に考えて欲しい5つのこと

ペットを飼うことはとても身近なことになり、犬を飼いたいという方も少なくないでしょう。しかし、犬を飼うにはいろ…

一緒にいると寂しくない!?高齢者が犬を飼うメリットとデメリット

高齢者が犬を飼う時のメリットは大きく、定年後の生活に彩りを与えてくれることでしょう。しかし、年齢も重ねると飼…

関連するキーワード