合宿施設のあるしつけ教室のメリットとデメリットは?

最近では、犬のしつけ教室もいろいろ増えています。病院に併設されていたり、ブリーダーさんやペットショップで開かれているものや、警察犬などの訓練所で一般向けに開催しているものなどさまざまです。そんな中で合宿の場合にはどんなメリットとデメリットがあるんでしょうか?

基本的なしつけ、訓練をしっかり身につけたい場合

家庭での愛玩犬というより、救助犬やセラピーなどに利用したい犬の場合には合宿でのしつけはメリットは高いです。預け先にもよりますが、多くの場合は数ヶ月単位で飼い主から預かり、食事の管理などもしっかり行ってくれます。体が形成される時期に栄養管理もして貰えるので安心です。

しつけや訓練に自信が持てない飼い主にはおすすめです

犬を預けてしまえばその期間中しっかり管理し、必要なしつけや訓練をしっかり行ってくれます。かわいすぎてしっかりしつけられる自信のない飼い主や、介護施設を訪問したりセラピー犬など人の役に立つ犬役割を持たせたい場合、必要で確実なしつけの方法だと考えられているようです。

飼い主がしっかり対応出来るかがポイントです

しつけや訓練、健康管理がしっかり完成された状態で犬が戻ってきても、実際に一緒に暮らす飼い主がその後の管理やしつけを適当にしてしまっては全く意味がありません。せっかく合宿で身に着けたしつけや食事の管理を確実に飼い主も実践できるかどうかもポイントになります。

飼い主さんとのコミュニケーションが希薄になる場合も

一般の愛玩犬として家族同様に飼っていきたい場合、幼犬の時に離れてしまうことで飼い主とのコミュニケーション不足になってしまうことも考えられます。また一番可愛い時期に子犬が手元から離れてしまうのは、飼い主として寂しくもったいない部分でもあります。

悪徳な業者にだまされないよう注意しましょう

ごくまれに、悪徳な業者にあってしまい、愛犬の健康管理や訓練が実際は何もされていなかったなどの場合もあるようです。そして、過去には預けた愛犬が帰って来ないというトラブルもあるので、しっかりと下調べをしてから大切な愛犬をお任せしましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。愛犬のしつけは、熱心な飼い主さんであればあるほどプロの手でしっかり行いたい方もいます。一番大切なことは、実際に手元に帰ってきてから飼い主がしつけや管理をどの程度継続出来るかが一番肝心です。自分が愛犬をどんな風に飼っていきたいか、犬や家族みんなの環境に合っているかで判断しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

歯の健康を保つ!牛ガムスティック 7本

良質コラーゲンたっぷりの国産牛皮でつくりました!PVの製品は国産で作られているので安心して愛犬に与えることが…

愛犬も大満足!さつまいも入りボーロ 90g

ワンちゃんならみんな大好きさつまいもをボーロに入れちゃいました!1度あげたら愛犬もとりこにされちゃうので与え…

持ち運び簡単!車でも安全!リッチェル キャンピングキャリー L 【犬用キャリーバッグ…

リッチェル キャンピングキャリーはキャスターやハンドルがついているので持ち運びがとても楽にできます!

関連する読みモノ

暑い季節が来る前に!愛犬が夏バテしないように早めの対策を取りましょう

犬は体温調節が苦手です。暑い夏には注意が必要です。特に長毛犬種や寒い地域の犬は、夏バテしやすいので、早めに夏…

意外と知られていない?犬に与えちゃいけない食べ物リスト

犬に与えてはいけない食べ物をまとめます。中毒を起こすタマネギやチョコレートには特に気をつけてください。ほかに…

そういえばなぜ?雄犬が足をあげておしっこをする理由とは

雄犬がおしっこをするときに片足をあげますよね。このおなじみのポーズには、実は理由があります。一体どのような理…

関連するキーワード