ハーネスってどんな犬に合うのか?

散歩でハーネスを使用している犬をよく見かけます。特に小型犬の場合は、いろいろな飾りが付いたりとデザインも豊富で、服を着せなくても十分可愛いものが沢山あります。でも、一体どんな犬にはハーネスが合うのでしょうか?

子犬や超小型犬など、首の負担が心配な犬に

まだお散歩デビューしたばかりの子犬、体重が2kg前後の超小型犬にはハーネスが向いています。お散歩の時に首輪にリードを付けると、首に強い負担がかかってしまうのでハーネスの方が安心です。
首のショックを和らげる首輪もありますが、胸部をしっかり固定することで安心感もあり、首が細すぎて首輪のサイズが合いにくい場合にもハーネスがおすすめです。

力が強く首輪+リードが不安な場合にもおすすめです

引っ張る力が強い犬には、首輪+リードよりもハーネスの方が合っています。強く引っ張ると首に負担がかかりやすく、首にケガをしていまうこともあるからです。
引っ張る力が強い犬は、子犬の頃からその傾向が見られます。ある程度のしつけも重要ですが、しつけだけではどうにもならない場合には様子を見てハーネスに変えていくと良いと思います。

首輪が抜けやすい犬にもハーネスがおすすめです

首が細かったり、首輪が合わないなど首輪が抜けやすい犬にはハーネスがおすすめです。うっかり首輪から抜けてしまうと、散歩中に迷子になってしまったり、交通量の多い場所で飛び出して思わぬ事故を起こしてしまう可能性も高くなります。
首輪を変えても抜けやすい犬は、ハーネスでのお散歩を検討してみましょう。

小型犬の場合はしっかりホールド出来るタイプがおすすめ

小型犬にハーネスを使うなら、体全面を覆うことのできるデザインになっているウェアタイプがおすすめです。
胸の部分からしっかり固定されて安全性も高い上に、デザインも豊富です。サイズが合っていないと抜けやすくなったり圧迫感が出るので、愛犬に合ったサイズを選んでください。

大型犬には頑丈なものを選びましょう

中型犬や大型犬の場合は、革製や幅が太めの物など、しっかりした素材のハーネスを選びましょう。
小型犬と違い、引っ張る力も人間が負けてしまうくらい強い場合もあるので、なるべく頑丈な造りのハーネスを選びましょう。サイズはもちろん、愛犬に合わせたジャストサイズを選んで下さい。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。愛犬の散歩は毎日のことなので、犬が快適にお散歩できるようなものを選びたいですね。首に負担がかかってしまう首輪とリードよりも、ハーネスを選ぶ飼い主も増えています。
反射素材の付いたものなど、機能面で優れたものも沢山出ているので、愛犬のタイプに合わせて選んでみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ペットと一緒に公共の交通機関に乗れるの?乗るときのルールは?

ペットと一緒に出かける時、どのように移動していますか?自家用車での移動だけでなく、どうしてもバスや電車などの…

素敵なペットシーツデコレーション5選

お祝い品にデコレーションはかかせない!ペットのお祝いを贈るなら、シーツもデコレーションしてみませんか?

困った!愛犬の反抗期のしつけはどうしたらいい?反抗時期の心得とは?

犬にも人間のように反抗期があります。成長時期の過程でやってくる反抗期の対処法についてご紹介します。

関連するキーワード