犬の食糞症は全ての犬がするわけではありません

犬は元々ゴミなどをあさる性質のある動物で、食糞もその行動の一つと考えられています。そういう性質もあるでしょうが、すべての犬がするわけではありません。
食糞症の犬には実はさまざまな原因が考えられるのです。そして、同じ食糞でも心配のいらないものもあります。

子犬の時の食糞はまずは様子を見ましょう

子犬の頃はまだ好奇心が旺盛で、フンでも何でも口に入れてしまう傾向があります。食糞も興味からつい口に入れてしまうということが多く、子犬の時期ならあまり心配する必要はないようです。
ただし、成犬になっても続けている場合には注意が必要です。

母犬が子犬のフンを食べるのは自然現象です

子犬を産んだばかりの母犬が子犬のフンを食べてしまうのも、ごく自然な現象です。
これは、排泄物の臭いで捕食者が近づいて来るのを防ぐという目的や、衛生面で片付けるという母性という本能的な行為から来るようです。
子犬を抱えた母犬が子犬のフンを食べてしまう行為は、心配する必要はありません。

成犬になっても食糞が治らない原因は?

成犬になっても食糞が治らない場合は、いくつかの原因が考えられます。
与えられているエサに問題があることも考えられます。味に飽きてしまった、量が足りていない、など思い当たる原因がないか考えてみましょう。
また、飼い主がフンをした時にすぐ片付けないのも原因の一つとして考えられます。

飼い主や母犬の真似をしていることも考えられます

子犬の頃に食べてくれていた母犬の真似をしている場合や、飼い主が片付けているのを見ていて、それを真似している場合もあります。
子犬の頃からフンをするとすぐに飼い主が片付けている環境で育った犬は、飼い主の外出中など片付けに時間がかかる時に自分で清潔を保とうと食べてしまう場合もあります。

食糞を治すためにはどうしたらいいの?

まず大切なのは、愛犬を観察して原因を見つけることです。エサを残し気味になっていたら、エサの味に飽きているのかも知れません。また、エサの量も足りているかどうかもチェックする必要があります。
そして、フンを長く放置しないように注意することも大切です。フンの臭いが原因ということも考えられるので、サプリメントを試してみるのもいいですよ。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。愛犬がフンを食べてしまう行為は、子犬の頃の好奇心や母犬の本能的なものと、成犬の食糞とでは全く違います。餌の種類や量を見直してみたり、清潔を保ちフンを自分で処理するような環境を改善するなど原因を探ることが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

なんとかしたい!猫の噛み癖を直すしつけ方法

興奮してくるとカプッ!噛み癖は本当に困った癖ですよね。もうこれ以上傷を増やしたくない飼い主さんへ送る、猫の噛…

愛犬をおうちできれいに!お風呂とシャンプーの仕方

たまには愛犬の毛のお手入れもかねて、お風呂に入れてあげたいですね。トリミング費用の節約にもなります。

寝言や足をバタバタ、睡眠中のワンちゃんはどんな状態なの!?

愛犬の眠っている姿はとても癒されます。愛犬が寝言を言ったり、足をバタバタさせて驚いた経験はありませんか?実は…

関連するキーワード