犬を撫でてコミュニケーションを取りましょう

犬を撫でることはコミュニケーションを取るだけはでなく、しつけにも繋がります。しかし、撫で方や場所、タイミング次第では犬のストレスになったり逆効果な場合もあります。愛犬とうまく信頼関係を築くためにはどのように撫でたらいいのでしょうか。

あごの下や首を撫でるのはどんな犬も安心します

あごの下や首は、どの犬もほぼ警戒心を解いて安心出来るところです。自分の飼い犬だけでなくよその犬の場合でも、まずここを撫でてあげると警戒心を持たれずに応じてくれる犬が多いです。愛犬が警戒している様子でも、あごの下を撫でると落ち着きます。

頭をなでるのは飼い主の特権です

初めて会った犬の頭をいきなり撫でる人がいますが、とても危ない行為です。人懐こい犬ならいいですが、警戒心の強い犬もいますし、機嫌が悪い時にはいきなり噛まれることも。頭は犬にとっては難しい場所ですので、避けるようにしましょう。

服従してる証拠ですが、気持ちがいいだけかも??

犬が寝転がってお腹を見せて来たら「服従します」「信頼しています」のサインです。そんな時はお腹を撫でてあげると犬はとても喜びます。
しかし、気持ちがいいからお腹を撫でろ、というサインの場合もあります。かわいいのでついつい撫でてしまいますね。

耳を撫でるすマッサージ効果もあります

両耳の付け根の外側の部分は、多くの犬には気持ちのいいと感じる場所です。特に飼い主さんや心を許している人に撫でられると、あまりの気持ち良さに目を閉じてしまう犬は多いですね。
耳の付け根から首にかけて撫でてあげると、愛犬もリラックスしておとなしくされるがままにになることが多くなります。

足の甲や肉球を撫でるのも効果的です

足の甲を毛並みに沿ってそっと撫でたり、肉球を撫でるのもとても効果的です。特に肉球は軽く指で押すようにすると、マッサージ効果もあります。
犬は散歩で肉球を使っているので、時々撫でてあげましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。子犬の頃から体のどこを撫でても大丈夫なようにしつけておくことが大切です。愛犬としっかりコミュニケーションを取ることで、お互いの信頼関係を作ることがしつけにも繋がり、しっかりと愛犬をコントロールようになります。
あまり時間が無い時でも、愛犬がリラックして隣に寄り添ってきたら、あちこち撫でてあげましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

愛猫と仲良くなれちゃう!?猫の健康もサポートする癒される肉きゅうマッサージ

猫の肉きゅうは猫好きさんにはたまらない部位です。猫ちゃんも飼い主さんも癒されながら、肉きゅうをマッサージして…

夏到来!犬と楽しく水遊びをするために注意することについて

暑い夏は、犬と一緒に川や湖など、水辺へ出かける機会も多くなります。犬と楽しく水遊びをする時のマナーと気をつけ…

これは使える!犬のしつけ「ちょうだい」は、こんな時に役立つんです

「待て」「お座り」「来い」など犬のしつけ教えている方も多いと思いますが「ちょうだい」はどうでしょうか。教える…