犬のしつけはいつから始めればいいのでしょうか

特に幼犬から初めて飼う場合、しつけを始めるタイミングに悩む人が多いようです。犬があまりに小さくてはしつけが入らないのでは?という人もいます。
実際にはいつ頃、どんなしつけが大切になっていくのか月齢のタイミングでまとめてみました。

幼犬の時こそ、逃せないしつけのタイミングです

犬の社会性は、生後3週目〜12週目ぐらいの時期から身に付いてくると言われています。多くの場合家庭に迎える時期がこの時期に当たりますので、家に犬を迎えたときはすでにしつけ開始の適齢時期と言えるでしょう。
お散歩デビューの前でも抱っこやスリングで外に慣れさせるのが大切というのは、こういった理由もあるのです。

お散歩デビュー前のしつけは特に重要です

ワンクチンがまだ終わっていない時期には、もちろん犬をお散歩はさせてはいけません。
ただし、この時期に車や人の声など、生活音や実際に外の様子に慣れさせておくことは後でとても重要になりまってきます。いろいろな人に接することも大切です。物音や人に慣れないまま成長してしまうと、恐怖心が強くなってしまう犬も多いのです。

しつけ教室のタイミングは、家に迎えたらすぐが望ましいです

動物病院や民間でも開かれている犬のしつけ教室。そのしつけ教室はどれくらいの時期に通わせるのがいいのでしょうか。それは、犬の社会性が身に付く幼犬の時期がベストタイミングです。
せっかく家に迎えたのに早過ぎるという人もいますが、家庭で誰がリーダーなのかを早いうちからしっかりと判断させたり、よその犬や人にやたら吠えるということが少なくなります。愛くるしくかわいいうちに厳しくしつける自信がない方にこそ、小さいうちからのしつけ教室がおすすめです。

幼犬からすぐに主従関係を覚えさせる

お散歩がまだ出来ない時期に特に重要なのは、誰がリーダーなのかを教えることです。
飼い主を噛んだりした場合、子犬を後ろ向きにさせももに挟むように背後から座り、犬を大人しくさせます。
この時、力を入れて圧迫したり叩いたりしてはいけません。動きを封じることで飼い主との力関係を理解させることがポイントです。

マテやダメなど基本をしっかりしつける

まだ小さかったり個体差はあっても、覚えることを楽しむ犬は多いのです。おやつをあげられるようになったら、マテやダメなどの基本的なことから根気強く始めましょう。これはお散歩や日常生活の中でも必要なしつけに繋がります。
お留守番も始めは10分〜30分程度と、飼い主がいないことに少しずつなれさせていくと良いですよ。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。まだお散歩ができない時期でも、実はしつけのタイミングに入っています。しつけはトイレやお散歩など行動を伴うものもありますが、何より早いうちからしっかりしつけたいのは社会性とリーダーの認識です。外の世界をやたらと怖がったり、飼い主の指示に従えない犬は、かわいそうな犬なのです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

心構えできてる?犬を里親制度で迎える時の注意点や育て方

ショップやブリーダーからではなく、里親となって犬を迎えるにはどこに注意したらいいのでしょう。

掃除機が苦手な犬は餌やおやつを活用して慣れさせましょう!

掃除機が大好きな犬もいますが、苦手な犬はとことん掃除機が苦手なようです。まず音に慣れてもらうには餌やおやつで…

ペットシーツの種類は豊富!愛犬にピッタリの便利な「ペットシーツ」の選び方

室内飼いや飼い主のライフスタイルの変化によって、「ペットシーツ」の需要が増えています。気になるペットシーツ事…

関連するキーワード