ジャックラッセルテリアを飼う注意点を知っておきましょう

ジャックラッセルテリアは、中型犬の中でも人気の犬種です。中型犬と言えど、噛む力が強い犬種としても知られています。
もちろん、大型犬や他にももっと強い犬種はいますが、家庭で飼育される犬種の中ではあごの強さはかなりの強いです。そんなジャックラッセルテリアを飼育する為の注意点をまとめてみました。

猟犬らしい機動力と集中力は抜群です

長い歴史の中で、人間の補助をするための犬として改良されたり飼育されてきた犬種は多いです。ジャックラッセルテリアも、猟犬として飼われてきた犬です。
猟犬らしく機動力と集中力に優れており、食いついたら離さないというあごの強さを持っています。

ドアや壁を噛んでしまうこともあります

ジャックラッセルテリアの噛む力は非常に強く、おもちゃだけでなく家具なども噛んでしまうことが珍しくありません。
実際に飼育している人に聞いてみると、家のドアや壁などが噛まれてしまうこともあり、飼育にはしっかりしたしつけと覚悟が必要です。

探究心と旺盛な好奇心が破壊の原因?

ドアなどを噛んでしまう原因の一つに、猟犬ならではの好奇心と探究心の強さも関係しているようです。
自分に興味のあるものを見つければ、集中して遊び、最終的に破壊してしまうという一面を持っているのです。ジャックがラッセルテリア好きな方には、こういった性格が可愛いという人が多いようですが、破壊されて困るものを犬の目に届くところに置かないという注意が必要です。

ジャックラッセルテリアが集うイベントもあります

ジャックラッセルテリア国際連盟では、ジャックラッセルテリアを飼育している人の交流会や、噛み付いたら何分でもぶら下がっていられる丈夫なあごを競う大会や、さまざまなイベントなども開催されています。

改良が進み飼いやすくなってきていますが、しつけは必須です

以前は物を壊してしまうことも多く、大型犬並みのパワーを持った犬というイメージが強かったジャックラッセルテリアですが、もちろん穏やかな性格のジャックラッセルテリアもいます。近年では改良が進み、以前に比べると飼いやすい性格のジャックラッセルテリアも増えているようです。
どの犬種もですが、一匹一匹性質の異なりはあります。何れにしてもコントロールが出来るようなしつけは大前提です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。ジャックラッセルテリアの機動力と探究心の強い性格、そして引き締まった程良い体型に愛くるしい顔など、好きな人が多い犬種でもあります。
実際に飼ってみると、そのあごの力に圧倒される飼い主さんも多いようです。これから飼う場合は幼犬の頃から、しっかりコントロールできるようしつけることが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

一度食べたらやみつき! 国産 PV ササミチップス 12枚入

国産のおいしいササミをチップスにしました!

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

関連する読みモノ

犬がうんちのときにくるくる回るはなぜ?衝撃的な理由とは

犬がうんちをする前にくるくると回る姿を目にしたことはあるでしょうか。今回は、ある研究グループによって明らかと…

そういえばなぜ?雄犬が足をあげておしっこをする理由とは

雄犬がおしっこをするときに片足をあげますよね。このおなじみのポーズには、実は理由があります。一体どのような理…

エスカレートしがちな「要求吠え」をやめさせるには?

あなたは愛犬が、散歩や食事の時間が近づくとそばに来てワンワン吠えたてられて困った経験はありませんか?それは“…