ジャックラッセルテリアを飼う注意点を知っておきましょう

ジャックラッセルテリアは、中型犬の中でも人気の犬種です。中型犬と言えど、噛む力が強い犬種としても知られています。
もちろん、大型犬や他にももっと強い犬種はいますが、家庭で飼育される犬種の中ではあごの強さはかなりの強いです。そんなジャックラッセルテリアを飼育する為の注意点をまとめてみました。

猟犬らしい機動力と集中力は抜群です

長い歴史の中で、人間の補助をするための犬として改良されたり飼育されてきた犬種は多いです。ジャックラッセルテリアも、猟犬として飼われてきた犬です。
猟犬らしく機動力と集中力に優れており、食いついたら離さないというあごの強さを持っています。

ドアや壁を噛んでしまうこともあります

ジャックラッセルテリアの噛む力は非常に強く、おもちゃだけでなく家具なども噛んでしまうことが珍しくありません。
実際に飼育している人に聞いてみると、家のドアや壁などが噛まれてしまうこともあり、飼育にはしっかりしたしつけと覚悟が必要です。

探究心と旺盛な好奇心が破壊の原因?

ドアなどを噛んでしまう原因の一つに、猟犬ならではの好奇心と探究心の強さも関係しているようです。
自分に興味のあるものを見つければ、集中して遊び、最終的に破壊してしまうという一面を持っているのです。ジャックがラッセルテリア好きな方には、こういった性格が可愛いという人が多いようですが、破壊されて困るものを犬の目に届くところに置かないという注意が必要です。

ジャックラッセルテリアが集うイベントもあります

ジャックラッセルテリア国際連盟では、ジャックラッセルテリアを飼育している人の交流会や、噛み付いたら何分でもぶら下がっていられる丈夫なあごを競う大会や、さまざまなイベントなども開催されています。

改良が進み飼いやすくなってきていますが、しつけは必須です

以前は物を壊してしまうことも多く、大型犬並みのパワーを持った犬というイメージが強かったジャックラッセルテリアですが、もちろん穏やかな性格のジャックラッセルテリアもいます。近年では改良が進み、以前に比べると飼いやすい性格のジャックラッセルテリアも増えているようです。
どの犬種もですが、一匹一匹性質の異なりはあります。何れにしてもコントロールが出来るようなしつけは大前提です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。ジャックラッセルテリアの機動力と探究心の強い性格、そして引き締まった程良い体型に愛くるしい顔など、好きな人が多い犬種でもあります。
実際に飼ってみると、そのあごの力に圧倒される飼い主さんも多いようです。これから飼う場合は幼犬の頃から、しっかりコントロールできるようしつけることが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

ジューシーでおいしい!PV 北海道産 牛肉100% 30g

PVが作り出したワンちゃんが大好きなおやつをどうぞお試しください!

FLF レニーム 虫除け+毛艶スプレー ミニ 50ml

レニームを知っていますか?最近注目されている主原料です。今回は犬にも人にも優しいスプレーを紹介します。

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

関連する読みモノ

これは驚き!!江戸時代には犬も自由にお伊勢参りができたってホント?

江戸時代、将軍徳川綱吉によって施行された「生類憐れみの令」は広く知られています。なんと当時の犬は自由に伊勢参…

人の7倍のスピードで年齢を重ねていく犬、高齢犬の最後を看取るための心構え

犬は人間よりずっと早く成長していきます。そのスピードは1年で人間の5~7歳分に当たります。共に生活し、最期の…

怖い熱中症や夏バテから愛犬を守ろう!暑い夏の散歩の仕方

夏の暑さは犬にとって大敵です。大好きな散歩も、熱中症の原因になってしまうかもしれません。そこで、夏の散歩の注…