はじめてのドッグラン、楽しむ前に確認すべきことは?

ノーリードで自由に思い切り走れるドッグランは、犬が元気にのびのびできる反面、飼い主も犬もルールを守ることができるというのが最低条件となります。自分の愛犬だけでなく、他の犬もノーリードで遊んでいる場所だという事を忘れずに、自由で楽しい時間を満喫しましょう。

1、名前を呼んだら飼い主の元へ帰ってこられますか?

ドッグランで絶対に必要なことが、「名前を呼ばれたら帰ってくる」ことです。ドッグランの中ではリードなしで自由に遊べる反面、「コイ」の呼び戻しがきちんとできないと、他の犬とのトラブルの原因になってしまうことがあります。飼い主も犬も安心するために、ドッグランデビューは「コイ」が確実に出来るようになってからにしましょう。

2、ワクチン接種は済ませておきましょう

ドッグランは、他の犬と接触する場です。当然ながら愛犬のワクチン接種を済ませている状態で連れて行かなくてはなりません。また、メスなら、「ヒート中」(発情期)ではないことも、最低限のマナーです。

3、ドッグラン内では排泄できません

ドッグラン中での排泄はNGです。トイレは外で済ませてから入るのがマナーです。もしドッグランの中でしてしまった場合は、すかさず拾う、早急に水で流すなどの後始末を早急に行いましょう。また、同様ドッグランの中では飲食が禁止されていることも多いので、事前に必ず注意が必要です。

4、いきなりリードを放さず、状況を確認してからにしましょう

ドッグラン内でほかの犬が走り回っているからといって、いきなり愛犬のリードを放すのは危険です。他の犬の様子や周りの状況、そして愛犬の様子をしっかり観察し、飼い主が大丈夫だと判断してからリードを放しましょう。

5、愛犬から目を離さず、常に様子を観察しておきましょう

自分の愛犬が他の犬をしつこく追いかけたり、興奮しすぎてずっと吠え続けている、そのような様子が見られたら、すぐに愛犬を呼び戻しましょう。他の犬が見えないような向きでリードをつけ、しばらく休ませて落ち着かせましょう。小型犬ならキャリーバックに入れたり、飼い主が抱っこしてもいいですね。また、犬同士が無視しているのに、飼い主が無理に一緒に遊ばせたりするのもやめましょう。

まとめ

いかがでしたか?ドッグランは、犬が自由に楽しく遊べる反面、他の犬と飼い主に迷惑をかけないことが重要です。飲食禁止、おもちゃ禁止など、マナーに加えて施設独自のルールを設けているところもあります。必ずドッグラン施設のルールに従い、トラブルなく利用できるよう心がけましょう。お読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

チーズの香り漂う飽きない牛ガム ミニ 3本

ワンちゃんの歯の健康を保つためには牛ガムは欠かせないアイテムです!今回はチーズを包んでいるので飽きさせないお…

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

関連する読みモノ

【検証あり】ペットシーツはどう選ぶ?うちの子にぴったりのシーツ選び(後編)

愛犬との生活にとても便利なペットシーツ。清潔で快適な飼育環境を整えるためには、ライフスタイルや愛犬の個性に合…

ペットの葬儀、供養はどんなものがあるの?愛犬とのお別れ、元気なときに考えておきましょ…

悲しいことですが、愛犬との別れは必ずやって来ます。最近は犬の葬儀や供養も様々な方法がありますが、自分と愛犬に…

犬は人間の言葉が分かる!?愛犬との会話の謎がついに解明?

犬は人間の言葉を理解出来ているのでしょうかと。一般的に理解は出来ていないという見方が多かったのですが、最近理…

関連するキーワード