お散歩の時、愛犬に引っ張られていませんか?

お散歩の時にぐいぐいと飼い主を引っ張る犬は、中型犬以上だと特に飼い主の負担も大きくなります。場合によっては飼い主が引きずられてケガをしたり、他の人や犬に迷惑をかけてしまう危険もあります。愛犬の引っ張り癖はできる限り改善しましょう。

歩き始めの引っ張りは心配する必要はありません

お散歩の歩き始めの時だけ強く引っ張ってしまう犬がいます。運動量の多い犬やお散歩が大好きな犬に良く見られる傾向です。お散歩に出たことが嬉しいから引っ張ってしまうのですが、少し歩いて気持ちが収まれば飼い主のペースに合わせて並んで歩けることが多いです。お散歩しようと外に出て、愛犬が引っ張るようだったらリードをぐっと引き、落ち着いたら褒めて改めてお散歩を開始するようにすると効果があります。

大型犬の引っ張り癖にはリードを腰に回してから持ちましょう

愛犬に引っ張られた場合、小型犬ならリードをぐっと引き寄せれば大丈夫な場合が多いです。中型犬や大型犬になると、最悪の場合飼い主さんが転倒してしまうことがあります。中型犬以上で引っ張り癖のある場合は、手だけでリードを持たずに腰に回してから持つようにすると安定感が出ます。

引っ張るのは運動量が足りていない場合もあります

愛犬がお散歩の間ずっと引っ張り続ける犬は、全体的に運動量が足りていない場合もあるようです。
お散歩だけではなく庭など自由に運動できる場所があれば、思い切り運動させたり、ドッグランで自由に走らせてあげると引っ張り癖が解消されるかもしれません。

子犬の頃から引っ張り癖をつけないようにしましょう

一番良い方法は、子犬の時から引っ張り癖をつけないことです。お散歩中、リードが張ったらぐっと引いて戻したり、常に飼い主の横について歩く訓練をしておきましょう。人によって散歩のさせ方が変わるのも、良い傾向ではありません。しつけ方法を家族で決め統一してしつけることが大切です。アイコンタクトと上下関係をしっかりしておきましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
愛犬とのお散歩は本来楽しいものですが、強く引っ張られてしまうと飼い主に負担がかかり、お散歩が憂鬱なものになってしまいます。
子犬の頃から飼い主と愛犬の間で上下関係をしっかり築き、お散歩の時も愛犬ではなく飼い主が主導権を取るよう、しっかりしつけておくことが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

FLF レニーム 虫除け+毛艶スプレー ミニ 50ml

レニームを知っていますか?最近注目されている主原料です。今回は犬にも人にも優しいスプレーを紹介します。

高タンパク・低カロリー・消化吸収率バツグンの PV 北海道産 鶏ささみ 35g

北海道産の鶏ささみを作りました。愛犬に与えたい逸品ですのでどうぞお試しください!

関連する読みモノ

愛犬と楽しみたい美味しい食事♡カフェだけじゃないおすすめのお店

犬と一緒に入れるカフェは都市部を中心に増えています。テラス席だけでなく、店内も犬と一緒に過ごせるお店も少なく…

柴黒柴クロ 頭の上にタオルを乗せます

黒柴犬のクロ。今回はワンコの頭にご主人がタオルを積んでいきます。

おしっこで電柱が腐食!?犬のおしっこが招く事故とは

犬のお散歩中、電柱におしっこをさせていませんか?何気なく行っているその行為も、積もり積もると大きな事故を引き…

関連するキーワード