クリッカーを使うとしつけが簡単になります

犬に言葉を使ってしつけをする場合、犬が言葉と行動を結び付けて覚えるまで時間がかかります。また、個々の言葉に対してそれぞれしつけを別々にしなければなりません。しかしクリッカーを使えば、同時にいろんなしつけができるようになりとても便利です。

そもそもクリッカーって何だろう?

クリッカーと聞いてもどういうものか分からないという方もいるでしょう。クリッカーとは、「カチッ!」というクリック音を出すグッズです。子ども用のおもちゃで人形の形をしたブリキのものなどもありますが、犬の訓練用のクリッカーは、だいたい手にすっぽりと収まるくらい小さなものでボタンがついているものが一般的です。

クリッカーは言葉の代わりになってくれます

言葉でしつけをする場合、犬はそれぞれのしつけに必要な言葉、例えば「お手」「待て」などを覚えなる必要があります。しつけの種類が増えれば増えるほど、それだけ覚える言葉も増えていきます。しかし、クリッカーでしつけをすると音が言葉の代わりになるので、犬はいちいち言葉を覚える必要がないのでしつけもスムーズに行えます。

誰の命令でも平等に犬が聞くようになります

言葉のしつけだと命令する人の発音の違いなどで、犬が正確に言葉を理解できないことがあります。また犬が人によって命令を無視したりすることもよくある話です。家族の中でも、きちんと命令を聞く人と何度やっても命令を聞かない人を犬の中で決めているという話も良く聞きます。クリッカーの場合は誰でも同じ音を出すことが出来るので、そのようなことがなくなります。

クリッカーでしつけを始める前におやつで練習しておきましょう

まず、犬にクリッカーの音がすると良いことがあることを教えます。おやつを用意してクリッカーを鳴らしたら、すぐにおやつを与えるようにします。クリッカーを鳴らして1秒以内が理想的です。こうすることで、犬はクリッカーが鳴ると良いことがあることを学びます。本格的なしつけを始める前に、このことをしっかり教えておきましょう。

いよいよクリッカーで本格的なしつけを始めましょう

犬がクリッカーが鳴ると良いことがあることを完全に覚えたら、本格的なしつけをスタートさせましょう。犬があなたの望む行動をしたら、クリッカーを鳴らしおやつをあげましょう。犬が座ったらその瞬間にクリッカーを鳴らしおやつをあげる、こうすることで犬は「座る」という動作と「クリッカーの音」を結び付けて覚えます。他のことも同じように教えましょう。

クリッカーでの訓練は、犬自身の行動にクリッカーの音を関連付けます。強制的に言葉と行動を結び付けるしつけよりも、犬にとっては受け入れやすく、言葉より音の方が明確なので覚えやすいのです。ただし、音に対して臆病な犬の場合は、音の小さなクリッカーを選んだり、ポケットの中で鳴らすなどの工夫が必要でしょう。最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

タンパク質が大事!ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方をまとめます。お肉などのタンパク質が豊富なフードが良い理由や、原材料を見てそうしたドッグ…

隠れファンもいるほど!!密かに人気のブリンドル柄の犬の種類

「ブリンドル」という種類をご存知ですか?虎柄が特徴的な犬ですが、一部の人には人気の柄なんです。犬種も以外と多…

マーキングしてしまう犬!小型犬トイプードルなどには、こんなしつけが重要です。<犬を飼…

住環境の変化に伴い、最近増えている室内飼い。飼いやすいため小型犬の人気は年々高まっています。小型犬ならではの…

関連するキーワード