リードを正しく使えばお散歩がさらにスムーズになります

お散歩の時、リードをどのように持っていますか?また、愛犬と飼い主の位置関係はどうでしょうか。リードは飼い主と愛犬を結んでくれる大切なグッズです。きちんと正しい使い方をマスターすることは、愛犬とのお散歩をより楽しいものにするだけではなく愛犬の安全を守ることにもつながっています。

リードは両手持ち、犬は飼い主の左側が基本のかたちです

愛犬とのお散歩時、基本的にリードは両手で持つようにしましょう。そして、愛犬は飼い主の左側につくようにして下さい。決まりがあるわけではありませんが、犬は左側と言う約束をそれぞれの飼い主が守れば、他の犬とすれ違う時に犬同士をむやみに接近させずに済むので、余計なトラブルを避けることができます。

右手でのリードの正しい持ち方を覚えましょう

愛犬を飼い主の左側につけ、まず右手で犬に繋いだリードの向こう側の持ち手を持つようにします。その時、右手の親指に持ち手をかけてリードを手の内側にたらし、たらしたリードを左手で握ります。リードの長さが長い時はリードを折りたたんで調節ししょう。手首に巻いて調節するのは、愛犬が突然強く引っ張った時に手首を痛めてしまう危険があるので止めましょう。

左手でのリードの正しい持ち方を覚えましょう

愛犬側にある左手では、右手から垂らしたリードを上から握るように持るようにします。その時自然に左腕を下ろし、犬と手の先の間でリードが『J』の形になるくらいのゆるみがあった方がいいでしょう。リードが長い場合は右手の握りで調節できますが、リードが短い場合はリードが合っていません。適切な長さのリードに買い替えた方が良いでしょう

セーフティグリップを作れば、拾い食いも防げます

基本の持ち方をマスターしたら、次に左腕を直角に曲げた時リードがピンと張った位置に結び目を作りましょう。これはセーフティーグリップと呼ばれ、お散歩中の犬の動きを止めたり、危険を回避するのにちょうど良い長さです。セーフティーグリップを握りリードが張った状態だと、犬は頭が下がらないので拾い食いをしたりできません。

リードの使用中の困った行動、こう対処しましょう

リードが犬の足に絡まってしまった時、犬の足を持って絡まったリードを外していませんか?愛犬が嫌がったり、リードが外れて愛犬が逃げてしまう危険性があります。リードが絡まってしまった時は、首輪近くを持ちリードの絡まりを直してから改めて持ち直すようにしましょう。
また、リードを噛んでしまう犬の場合、犬が嫌う市販のスプレー剤などがあるので、それを吹きかけると噛まなくなります。

リードは正しい方法で持たないと、強い力で犬に引っ張られたときに飼い主が怪我をしてしまうことが考えられます。また飼い主が手からリードを放してしまうと、周りの人や犬にも迷惑がかかります。迷子になったり交通事故にあったりと、愛犬にも危険なことだらけです。リードを正しく持つことで、このような危険を少しでも減らすように心がけましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

関連する読みモノ

手づくりも可愛い♡ティピーテントでペットの可愛いおうちを作ろう

ペットのおうちになる可愛いテントを各種ご紹介。流行りのティピーテントを始め、カラーや様式もさまざまですので、…

これは使える!犬のしつけ「ちょうだい」は、こんな時に役立つんです

「待て」「お座り」「来い」など犬のしつけ教えている方も多いと思いますが「ちょうだい」はどうでしょうか。教える…

愛犬も飼い主さんも長いお付き合いとなる、動物病院の選び方

愛犬を迎え入れたら必ず利用することになる動物病院。だからこそ、愛犬はもちろん飼い主も安心して通える病院を見つ…

関連するキーワード