掃除機が苦手な犬は、意外と多いものです

普段、みなさんは掃除機をどうしていますか?いつでも使えるようと出しっ放しで目に付く場所に出しておく人は少ないのではないでしょうか。押し入れやクローゼットなどの収納スペースにしまっている方がほとんどだと思います。犬にとっては、普段目にしていない上、急に現れて大きな音を発する掃除機は恐怖を感じてしまう苦手なものです。

まずは掃除機そのものに慣れてもらいましょう

掃除機に犬を慣らす場合、最初は掃除機のスイッチを入れず部屋に出して置いておいてみましょう。犬が掃除機に興味を持って近づくようになったら、近くでおやつを与えるようにしてみます。スイッチが入っていない状態でも吠えかかったり、おびえたりするようなら、掃除機は動かさずに犬を抱っこして少しづつ掃除機に近づけるようにします。

スイッチは入れず、手で動かして慣らしてみましょう

愛犬が動かない掃除機の近くに来るのを怖がらなくなったら、電源を入れず掃除機を手で動かしてみてください。最初は少し動かしては止めて、犬が怖がらず慣れてきたら、掃除をするときのような動きをしてみましょう。犬が怯えたらすぐ止め、また動かさないところから再スタートしてみましょう。

掃除機の動きに慣れたら、次は音に慣れさせましょう

掃除機の動きに愛犬が慣れてきたら、いよいよ音に慣らす訓練です。犬が近くにいる時にスイッチを入れて音を鳴らすのではなく、犬を掃除機から遠ざけた状態で一番小さな音で掃除機のスイッチを入れてみましょう。この時、掃除機を動かさないように注意して下さい。スイッチを入れた状態で犬を呼んで、近づいて来るようなら次の段階に進みます。

愛犬が音にも慣れたら、掃除機克服のゴールは近いです

動いていない状態の掃除機スイッチを入れて大丈夫なら、いよいよいつものように掃除機で掃除をしてみましょう。はじめは音の小さなモードで少しづつ、犬から離れた遠い場所から掃除機をかけてみてください。それで大丈夫のようだったら、次は普段通りに掃除機をかけてみましょう。

掃除機をおもちゃのようにしてしまった気をそらしましょう

ここまできたら、もう犬にとって掃除機は怖いものではなくなっています。逆に慣れすぎて掃除機にじゃれつくようになってしまったら、掃除機をかけている時に他のおもちゃやおやつで掃除機から気をそらすようにして下さい。犬が近くにいるのに気が付かず、掃除機を犬にぶつけてしまうと、また怖がるようになるので注意しましょう。

掃除機が苦手な犬は、掃除のたびに大きなストレスを抱えてしまいます。犬が過度のストレスを感じると、無駄吠えや攻撃的になるなど問題行動の原因にもなってしまいます。掃除機を使わないわけにはいきませんので、愛犬を早めに掃除機に慣らすように心がけてください。また、掃除機に慣れても、じゃれつかせたり遊びの道具のように使ってしまうと、愛犬の怪我の原因になってしまいますのでおもちゃのように使わないようにしましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

シリーズ最軽量の軽さ!コムペット ミリミリ 小型犬用キャリーカート

コムペットのミリミリライトはベビーカーの技術とノウハウを活かした快適ペットカートです。小型犬のお出かけ、お散…

シリーズ最軽量の3.9kg!コムペット ミリミリライトプラス

コムペット ミリミリライトプラスは前方1か所だったメッシュエリアを後方へもプラスし、使いやすさはそのままに、…

関連する読みモノ

犬にはリーダーが必須!あなたは愛犬の良きリーダーになれていますか?

犬は群れのリーダーがいることで安心して暮らせます。あなたは愛犬から良いリーダーだと認められていますか?

においを強力消臭! 炭入りペットシーツのここがすごい!

一言にペットシーツといっても色々な種類のものが発売されていて、実際に飼い主さんはどれを選んだらいいのか迷って…

前脚でトントン叩く、ほっぺをスリスリ・・・犬のおもしろい感情表現まとめ

しっぽを振ったり吠えたりは犬らしい行動やしぐさですが、まるで人間みたいなおもしろい行動をすることがあります。…

関連するキーワード