愛犬に教えたい病院でのマナー

具合が悪くて愛犬を病院に連れて行った時、トラブルにならないマナーや他の人に迷惑にならない常識があります。動物病院には知らない人や動物がいます。具合が悪くてナーバスになっている動物や、悲しみに沈んでいる人もいるでしょう。
医院ごとに設けている注意事項を守りながら、一般的なマナーを覚えておきましょう。

待ち合い室の椅子に座らせない

犬用の椅子が設置してあるという病院は別ですが、通常待合室の椅子は人間が座るためのものです。愛犬が座ってしまっては抜け毛や足の汚れなども懸念されて不快になる人もいるでしょう。愛犬が乗ってしまったら、持参したハンカチやウェットティッシュで拭くようにしましょう。

キャリーバッグやクレート、リードを使う

体調が悪い愛犬はなるべくキャリーバッグやクレートに入れておくほうがよいでしょう。もし身体が大きくてはいらないようであれば、他の人の迷惑にならないように、具合が悪くてもリードは必須です。また長く伸びる散歩用のリードなどではなく、短めのリードにしましょう。
抱っこで大人しく出来るコでもリードは必ず付けます。

吠えさせない

病院の待合室で無駄吠えや他の犬を刺激する行動もさせないようにしましょう。特に体調の悪い犬は気分が不安定になっていることもあります。吠えることで無用にトラブルを誘発することもあります。吠えやすい愛犬なら、できるだけ他の動物が少ない時間帯を選ぶようにしましょう。

飼い主さんの横で座って待てる

飼い主さんが落ち着いて座っていれば、病院で緊張していた犬も次第に落ち着きを取り戻してくるでしょう。他の犬が気になってしまう犬もいますが、基本的にしっかり飼い主さんのそばにいるなら問題は無いものです。
壁にリードフックがある医院では、フックにかけておくのもいいかもしれません。

診察台でも吠えずに大人しく!

もちろん診察や注射、検温などが苦手な犬は多いものです。診察台に上がると震えてしまったり、中には逃げようと激しく抵抗する犬もいます。
行く度に病院に慣れてくる犬も多いものですが、出来るだけ大人しく診察や治療の妨げにならないのが理想ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
いかがでしたか?病院が大好き!という犬はなかなかいないかと思いますが、健康なコでも毎年行く病院でしっかりマナーを守らせるのも飼い主さんの役目です。
また、飼い主さん自体が迷惑になるような愛犬の行動を助長しないように注意したいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

潰れた顔がブサ可愛い!パグのしつけ方

パグのしつけ方をまとめました。愛くるしい犬のパグです。しっかりと性格を理解した上でコミュニケーションをとりま…

小型・中型犬の飼い主さん注目!ペットシーツはワイドサイズがオススメです

動物を飼っていると何かと出費が重なるもの、今回は小型・中型犬はワイドのペットシーツでコスト改善をテーマにご紹…

最低限覚えさせるべき!犬のしつけの基本動作とは

初めて犬を飼う人はしつけに困ることでしょう。ここでは最低限覚えさせるべき基本動作を紹介します。

関連するキーワード