健康はほんの少しの気遣いが大切

暑さ・寒さ対策はもちろん、日が出ている時間、湿度、予防の必要があるものなど、気を付けてあげたいことはたくさん。ほんの少しの飼い主さんの気配りから、愛犬がぐんと快適に健康的に過ごせるんです。

春はとにかく抜け毛に注意

春になると、まず気になるのは抜け毛です。頻繁にこまめなブラッシングで冬毛をしっかり取ってあげましょう。タイミングはお散歩の後がいいようです。

その時チェックしたいのは毛にノミ・ダニがついていないかです。フィラリア、ノミ・ダニ予防も春から気をつけましょう。市からは狂犬病予防のお知らせも届くころ。飼い主さんは少し忙しいかもしれませんね。

熱射病予防も!夏は暑さに注意

夏の日のお散歩は必ず涼しい時にいきましょう。朝や夕方が最適です。熱々のコンクリートの上を歩いては、肉球を火傷してしまいます。

また逆に室内では温度調整も大切です。エアコンをかけると床付近が一番冷えるので扇風機などで循環させてください。飼い主さんが長時間のお出かけの時はドライ運転がちょうどいいです。

また夏は湿気もあり皮膚トラブルが起きやすいので、グルーミングはこまめに!

秋は人も犬も食べ過ぎに注意

秋になって少し涼しくなってくると、夏に落ちていた食欲が戻ってきます。たくさん食べるからと、いきなり食事量を増やすとお腹がびっくりするので、ちょっとずつ増やすようにコントロールしてください。また、秋とはいってもまだまだ日中の寒暖の差も激しい時期なので、引き続き温度には注意が必要です。

冬は暖房をかけすぎないように

ほとんどの犬は寒さには強いので、暖房のかけすぎには注意してください。ただ高齢の犬の場合は身体が弱ってなってくると寒さに弱くなってくるので、対策してあげましょう。また冬に家でシャンプーする場合は、出来るだけ暖かい日にして、シャンプーのあとドライヤーもしっかりかけてください。ペット用のホットカーペットも便利ですが、低温火傷には注意です。

狂犬病のはがきは、来たらすぐ接種しないといけないの?

春と秋、年に二回市から狂犬病のはがきが届きます。でもはがきが届いたからと言ってすぐに行く必要はありません。注射は一年に一回でいいので前回の接種から一年を目安に接種するようにしましょう。はがきは捨てずに必ず持っていきましょう。

人にとってちょうどいい室温やよかれと思ってしていることが、意外と犬には合わなかったりすることも。新生活シーズンの春は何かと忙しいかもしれませんが、しっかり予防して快適に過ごさせてあげたいですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

天然記念物にも指定されている!賢くて勇敢な柴犬のしつけ方

柴犬のしつけ方をまとめてみました。日本特有の動物として指定される程の人気の犬です。気性の激しい犬だからこそし…

小さいときが大切!1歳の誕生日までにおさえておきたい愛犬のしつけ

しつけは子犬の頃に出来るだけしっかりしつけるのがポイントです。1歳前にしっかりおさえておきたいしつけについて…

潰れた顔がブサ可愛い!パグのしつけ方

パグのしつけ方をまとめました。愛くるしい犬のパグです。しっかりと性格を理解した上でコミュニケーションをとりま…

関連するキーワード