本当に去勢すると性格は変わるのでしょうか

避妊手術や去勢手術をするといつまでも子供のままの性格とも言われています。特にメス犬の場合は子供を育てる経験がないと子供のままというのは納得です。ところで、オス犬はどうでしょうか?
性格が凶暴、吠える、マウンティングが気になるなど、しつけに困っていた飼い主さんはどれくらい変化を実感出来るのでしょうか?

「去勢したらマウンティングしなくなった」という声もあります

個体差はありますが、生後半年以降からオス犬は睾丸が下がってきて少しずつ体の変化が始まる時期に入っていくからです。その為、マウンティングを覚え始める時期でもあるのです。
時期が遅くなり、マウンティングを覚えてしまってからでも、手術後しなくなったと実感する飼い主さんもいます。

「室内でのオシッコで足を上げなくなった」という声もあります

オス犬を飼っている飼い主さんで困ると実感していることの一つが、足を上げてオシッコをすることです。お散歩よりも室内でされると壁が汚れるなどの心配を抱えている人は多く、実際にマーキングで悩む人もいます。
室内では足を上げなくなったと実感する人は多いようです。マーキングも同様のようです。

「性格が大人しくなった」「吠えるのが減った」と感じる方もいます

これは意外と微妙だと感じている飼い主さんが多いようですね。とっても大人しくなったという大きな変化を感じる場合もあるようですが、そこまでの変化は少ないようです。
しかし、劇的にではなくても、吠えるのが少なくなったなどの変化は感じる人が多いようです。
また極稀ですが、荒くなったと感じる人もいるようです。

「ヒート中のメス犬に反応しなくなった」との声もあります

これは一番重要で去勢の目的でもありますよね。
近くにヒート中のメス犬がいると、去勢していない場合は反応して発情するので、ストレスになってしまうことはあるようです。
繁殖させるつもりが無い場合には早めに手術をしておく方がこのストレスは無くなるようです。実際に、関心が無くなったという声が多いようです。

去勢後はほとんどの犬が太りやすくなるというデメリットもあります

オスに限らずメスもですが、去勢後は肥満に注意しましょう。実際に手術の時に気をつけたいのは麻酔のアレルギーや、他には成長が遅れている場合のタイミングですが、それは個体差がかなりあり例としては多くはないものです。
肥満はほぼどの犬も実感しているようですね。減量用のフードに切り替えて対処しましょう。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。
手術は必要無いという人もまだまだいますが、繁殖を目的としない場合には、マーキングやマウンティングなどを覚える前に手術するのが理想的で奨励する獣医さんも多いものです。
しつけのしやすさも大切ですが、病気やストレスなど愛犬の健康も優先して考えたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良きコミュニケーションを!ダックスフントのしつけ方

ダックスフンドも私たちと同じ生き物なので自分自身が子供だったように躾方の中に、しっかりとしたコミュニケーショ…

犬の歯も健康第一!歯磨きをしてあげよう!

犬の歯磨きなんて、いらないんじゃないの?犬は咀嚼をしないから、歯が無くても大丈夫?いいえ!健康のためにも歯磨…

猫が粗相!臭いの元の発見にはブラックライトが強い味方

猫のおしっこの臭いは強烈なため、どこかで粗相をされてしまうと処理に困ります。そこで、猫がおしっこをしてしまっ…

関連するキーワード