殺処分ゼロに向けて、里親制度に関心が高まっています

犬の里親制度は、ペットのいない人でも関心のある人は増えているようです。特に犬や猫を迎えたいという場合には、ブリーダーやペットショップではなく、こうした里親制度に目を向ける人もいます。

さまざまなサイトが増えたり、団体ごとの熱心なPR活動などで浸透しているのも一つの理由のようです。

良く耳にする里親制度とはどのようなものでしょうか?

本来は保健所に収容された後に殺処分されてしまうペットを、新たな飼い主を見つけることで処分から免れるのを目的としています。ちなみに、欧米の多くの国では飼い主のいないペットの殺処分は行われていないのが現状です。

日本の場合には殺処分を逃れる為には、ほとんどがこうした民間の団体による里親募集という形での解決に委ねられています。

人間の場合の生活保護のように、やむを得ない事情で飼い主を失った犬や猫が安心して暮らせる制度は出来ないものなのでしょうか?何とも悲しい残酷なことですよね。

里親募集に該当するのはどのような犬や猫なのでしょうか

飼い主の事情で保健所に持ち込まれたペットや捨て犬や捨て猫などの他、ブリーダーで繁殖用にされていた犬や猫も対象になります。これはブリーダー崩壊と言われているもので、ブリーダーさんが飼育出来なくなった状態で引取られる場合です。

また、ブリーダーではないものの、避妊をしないまま不用意に生まれてしまった子猫や子犬なども里親募集をされていることがあります。

特に気になるのは迷い犬や迷い猫など飼い主が探している場合でも、その保健所にいるということに辿り着けなければ殺処分の対象になってしまうということです。

飼い主がいない犬や猫がすべて対象になります

当然ですが、何らかの事情で飼い主がいない、またはいなくなった犬や猫が里親募集の対象になるということです。

この中には稀にペットショップで売れ残った犬もいるという話もありますが、実際にショップ側では詳細を公表することは少なく、事実関係は不明です。ただ、売れ残った犬や迷い犬を一旦引き取り、改めて里親を募集するという例はあります。

いずれにしても生まれたての子犬や子猫以外はある程度成長しており、自分の置かれている状況を把握している場合が多いものです。
ストレスを抱えていたり、人間不信になっている犬や猫もいる為、難しい場合もあります。

里親になる為の手続きや流れ《サイト編》

里親サイトを通して里親になるには、まずそのサイトに登録するところから始めます。入会時の入力情報など詳細はサイトによって異なりますが、家族構成や本人確認が出来る書類の提示を求められる所は多いものです。

気になる犬や猫がいればメールや問い合せフォームを使用し、多くの場合は譲渡したい側と直接交渉が出来ます。

サイトによっては本当に責任を持って飼えるのか意思確認を徹底したり、誓約書を書かせる所も少なくありません。条件が合えば譲渡成立で引き渡しになりますが、自宅訪問での譲渡を推奨しているところもあります。

里親になる為の手続きや流れ《譲渡会編》

譲渡会の場合には、まず直接実際の犬や猫に会えることで、よりリアルに実感は出来ます。

実物に会ってみて気に入った犬や猫について問い合せやその場で申込みをします。普段サイトに登録して掲載しているペットも多い為、申込みや問い合せがあると、実際に預かっている団体や個人との交渉をしてくれるという形が多いようです。

飼育環境など条件が合致すれば譲渡決定となりますが、やはり実際の環境を確認する為に事前に自宅訪問があったり、自宅まで持ち込んでの引き渡しをする場合が多いようです。

トライアル期間を設けている所が多いので安心です

里親サイトや譲渡会では、条件が合った場合でもいきなり渡すということは推奨していません。

トライアル期間を設けているところが多く、ほとんどの場合は何日か新しいお宅に行ってみることで実際に飼育出来るか?何年も飼うことが可能か?などをチェックしてから正式譲渡になります。

これは、里親募集をするほとんどの犬や猫が一度は人間に捨てられたり見放されたという経験をしていることが多く、同じ経験を二度とさせない為でもあります。

家族に動物アレルギーが分かったり、子供がいて飼育は無理だった場合にはトライアル期間で終了出来るので安心な面があります。

成犬や成猫を迎えるのには覚悟と時間が必要です

犬も猫もそうですが、子供の頃から飼った場合でも、個体によっては性格もさまざまな為、しつけが難しいこともあります。

里親募集をする犬や猫はすでに成長している場合が多く、飼われたことのないまま成長した犬でも、自分の状況を把握しているものです。すでに人間不信で警戒心が強くなっていたり、人間に放棄されたストレスから体調を崩している場合もあります。

特に人間不信があると難しい部分は多く、心を開くのに時間を要することも少なくはありません。また、逆に自分を受け入れて欲しいという気持ちからアピールが強い犬や猫もいます。

多頭飼いをする場合には、より注意が必要です

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

歯の健康を保つ!牛ガムスティック 7本

良質コラーゲンたっぷりの国産牛皮でつくりました!PVの製品は国産で作られているので安心して愛犬に与えることが…

関連する読みモノ

多頭飼いで起きる犬同士のトラブル!性格の合わないコたちを上手に育て方てる方法

多頭飼いは、上手に飼っている人もいますが、意外と犬同士の性格が合わず大変なこともあります。相性が悪かった場合…

なんとかしたい!猫の噛み癖を直すしつけ方法

興奮してくるとカプッ!噛み癖は本当に困った癖ですよね。もうこれ以上傷を増やしたくない飼い主さんへ送る、猫の噛…

よその犬に接する時、気をつけたいマナーはあるのでしょうか

子どもを犬と遊ばせたい!犬を飼えない環境だけど犬が好きで触りたい!そんな思いを持っている人はたくさんいるでし…

関連するキーワード