愛犬の気持ちキャッチしてますか?

お散歩中や普段何気ないタイミングで、愛犬がふと見つめているのに気づくことはありませんか?犬が目線を飼い主に投げて来る時には、何か同調して欲しいことがあったり、お願いがある時や訴えたいことがある時です。

もちろん、ただ見ているだけの時もあります。そこを見極めるのは飼い主の役目。全体の表情や目の雰囲気でも愛犬の気持ちをキャッチしましょう。

犬だって楽しいときは笑顔になる

口を開いて目はいつもよりキラキラと輝き、とっても楽しそうな笑顔でアイコンタクトをしてきたら、愛犬がワクワクしている証拠です。お散歩中に愛犬の好きなものを発見した時や、楽しそうな場所を見つけた時などです。

「このお店に寄って行かない?」
「楽しそう!早く行こうよ!」

愛犬とそんなコミュニケーションができるのは素敵ですね。コミュニケーションが充実していて、愛犬の好きなものを良く知っていれば、そんなタイミングにも気づきやすくなりますよ。

言葉でちゃんと話しかけるのも大切

例えば、愛犬と馴染みのカフェや公園などに差し掛かった時に愛犬を見ると、笑顔で目線を送ってくることがあります。どうするのか飼い主の意向を探っているのです。

そんな時は
「よし!入るよ!」
「寄って行こうか?」
などとアイコンタクトだけではなく声を出して、呼びかけてあげましょう。アイコンタクトの多い犬は、飼い主のこうした反応にとっても喜びます。

もし都合の悪い時でも、黙ったまま行かずに
「また今度ね」
など何か必ず声をかけてあげるのが、愛犬とのアイコンタクトが上手に出来るようになるコツですよ。

普通のアイコンタクトをするときは?

お散歩の途中で、特に何も無い時にもただアイコンタクトだけしてくることもあります。そんな時には愛犬の様子をしっかり見てあげましょう。

例えば歩くのが遅くなってきていたら、疲れて歩きたくないと訴えているのかも知れません。急に足取りが悪くなった時には、足をケガしたということもありますので見てあげましょう。

また、人間には分からない微量な音や臭いで何か違う雰囲気を感じていることもあります。
「この先、行っても大丈夫?」
と不安な時にもアイコンタクトをしてくることがあるので、何かないか注意するのもいいですよ。

ウンチの直後に目線を送ってくる時には、お尻にウンチがついていた、なんて犬もいます。

遊んでいる時にアイコンタクトしてくれるのは信頼している証拠

犬が楽しく遊んでいる時に、飼い主さんに積極的にアイコンタクトをしてくる犬は、本当に飼い主さんが好きな証拠といえます。

遊んでいることが楽しいと感じた時に、飼い主さんに目線を送ってくる犬は、どの犬も目がキラキラして口を開き、本当に可愛い笑顔ですよね。

ドッグランは他の犬とのコミュニケーションを図るのにも良い場所ですが、愛犬と一緒に遊んであげる飼い主さんも多いと思います。ボールやフリスビーなどおもちゃを投げて欲しいという意思表示をしている時もあります。

さまざまな場面でアイコンタクトしてくる犬も

犬は、愛情を持って接していれば、日常のさまざまな場面でアイコンタクトが出来るようになります。それは、嬉しいという感情を伝えたり、次の指示を待つといった状況の時に多く見られます。

つまり、アイコンタクトが多いほど飼い主さんを信頼している証拠なのです。これは人間も同様です。好きな人や信頼している家族には嬉しい気持ちを伝えたいと思うのは素直な感情ですし、困ったら相談すると同じ状況でしょう。

逆に、何らかの事情で飼い主さんを信頼出来ていない犬は目を合わせることが少ない傾向があります。呼ばれた時にしぶしぶという感じであったり、目を合わせない場合が多いようです。

飼い主さんの異変にもきづいてくれる

信頼関係がしっかり出来ている犬は、飼い主さんが何か困っていたり、悲しんでいる時にも、敏感にその空気をキャッチしてくれます。

特に、泣いていたり、何らかの深い悲しみに襲われている飼い主さんの異変に気づき、慰めようと見つめてくることもあります。

アイコンタクトが多い犬に育てたい

飼い主さんとアイコンタクトがたくさん出来るということは、散歩や遊んでいる時だけでなく、日常にも楽しいことがたくさんあるということです。犬との意思疎通がしやすいということは、ある意味会話が出来るということです。何より、犬に好かれている、信頼されているということになります。

犬との信頼関係を作るには、犬の気持ちを汲み取り、コミュニケーションをしっかり取ることが大切なんです。

お散歩やごはんを始めとした日常的な世話は必須条件ですが、たくさん話しかけることも犬は喜びます。愛犬の名前をしっかり呼びのはもちろんですが、普段からいろいろ話し掛けてあげましょう。

犬もある程度の言葉を覚えられる

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

猫は散歩に連れて行かなくていいの?散歩に連れて行かない理由とは?

室内で飼われている猫の多くは、飼い主が散歩に連れて行きません。猫は犬と違い、散歩の必要はないといわれています…

盲導犬としても活躍!ラブラドール・レトリバーのしつけ方

ラブラドール・レトリバーはおとなしく、賢く、好奇心旺盛で、非常に親しみやすい犬種です。そんなラブラドール・レ…

犬も花粉症になるってホント?犬が発症しやすいアレルギー物質とその症状例

犬に発症しやすいアレルギー物質とその症状例をまとめてみました。愛犬の体調は飼い主が気にかけておかないと犬自身…

関連するキーワード