犬の車椅子は、事故や病気で後ろ足が動かない場合だけと思う人もいますが、実際にはリハビリや介護の補助として使うことも多く、外してからまた従来のように散歩出来ることもあるそうです。
老犬になって介護が大変な時や病気になった時のリハビリに備えておきたいことは何でしょうか?

犬用車椅子はだいたいセミオーダー

犬の車椅子はその形状や使い方から、人間用のものとは違い、ほとんどがセミオーダーメイドという感じになります。中には手作りする飼い主さんもいます。
前足とのバランスや後ろ足の状態など、犬によってさまざまです。その犬に合わせたり補助品を組み合わせる為、装着による不具合や負担は少ないようです。

軽量化されて走りやすい

犬の車椅子は後ろ足として使用する形になる為、軽量な素材の物が多く使用されています。
お散歩している姿を見ると負担があるように感じる人もいますが、タイヤの多きさや全体の軽さを考えると快適に走れる犬が多いようですね。

寝たきりになるのを防ぐ

車椅子を装着している為、実際の後ろ足は地面についていないといった場合でも、車椅子で走ったり歩くことで後ろ足も同様の動作をする犬が多いようです。動けないからと室内で安静にするよりも、車椅子を装着して前足で走ったり歩く方がリハビリになり、外して歩けるようになる犬もいるそうです。

老犬の介護補助として活用されている

老犬になって思うように走れない、足腰が弱った場合の介護補助として使用する人も増えています。
ハーネスタイプなども市販されていますが、飼い主が持つ分負担がかかって大変な場合には、車椅子の使用でかなり楽になります。また、愛犬も自分のペースで歩きやすいようです。

愛犬が笑顔でいられるのが一番

車椅子を使っては知ったりお散歩する犬は、何と言っても嬉しそうなコが多い気がします。
犬にとってやはり自由に走れる、飼い主と散歩が出来るのは一番の幸せだと思います。車椅子を装着して走ることはストレス解消になって精神面から元気になれそうですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

安心できる食事を!無添加のオススメドッグフード3選

安心できる食事を!無添加のオススメドッグフードについてまとめました。安心して食事はができることは大切なことで…

難しいオス犬のしつけ、去勢前と後でどれくらい変わるの?

オス犬は去勢手術をすることで大人しくなるケースが多いと言います。実際はどれくらいしつけに影響するのでしょうか…

愛犬を飼う前に事前に押さえておきたい!子犬と成犬で違う「トイレトレーニング」

愛犬を飼うにあたって一番最初に行って置きたいしつけのひとつがトイレのトレーニング方法ですよね。しっかりとした…

関連するキーワード