犬や猫の命に違いはあるのでしょうか

街中でよく見かけるペットショップ。
店内には所狭しと可愛らしい仔犬や仔猫の姿があります。
新しい家族として仔犬や仔猫を迎えようとしたとき
明確な「品種」が決まっていたり「血統」にこだわりのある方には
最適な「出会いの場」とも言えるかもしれません。
でもその一方で
年間数十万匹の犬と猫が殺処分されていることをご存じでしょうか?

保健所に預けられる犬猫の数は増加しています

ノラ犬やノラ猫の他に
事情により飼えなくなってしまった。
生まれた仔犬や仔猫の引き取り手がないなどの理由で保健所に持ち込まれる犬猫の数は年々増加の一途を辿っているとか…
そんなワンちゃん猫ちゃんを救うため各地域ごとに
「愛護団体・ボランティア団体」と言われる方々が活動を行っています。
そのうちのほとんどがNPO法人として活動しており
「捨て犬、捨て猫の保護」「地域猫のサポート」「里親さん探し」
が主な活動となっているようで、各自治体の行政機関も少しずつ
こういった活動に国を挙げての理解の必要性を示しているようです。

※ NPO法人とは、「特定非営利活動法人」の略です。
※ 認定NPO法人とは、寄付金控除が適用されるNPO法人のことです。

注目される出会いの場、里親制度

そこで注目したいのがこういった団体の方々が行っている
「里親さん(飼い主さん)探し」の制度。
里親さんが見つかればそのぶん消されてゆく命も救えることになるのです。
各団体によってさまざまな方法をとられているようですが
なかでも定期的に開かれる「譲渡会」が主流になりつつあるようです。
でもここで一番重要となるのが「猫ちゃんとの相性」。
家族としてずっと一緒に暮らしていくわけですから
お互いに不安はつきものですが
「トライアル」「マッチング」と言われる「お試し期間」を設けている団体もあるようです。

里親になるための費用はペットショップよりは控えめです

「ペットショップとは違って費用はかからない」
そう思いがちですが里親さんになるためには多少の費用の負担も
あるようです。
各団体や譲り受ける猫ちゃんによって多少費用に増減はあるようですが
ペットショップでかかる費用よりははるかに
負担が少ないことがわかります。
ペットショップへ行く前にこういった制度を検討してみることも良いのではないでしょうか。

まとめ

ペットショップであっても譲渡会であっても
新しい家族としてのワンちゃん猫ちゃんとの「出会いの場」
ということに違いはないはず・・・。
迎えたワンちゃん猫ちゃんと「生涯家族」として向き合い
共に幸せ暮らしていくことが一番大切なのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

生きる天然記念物!甲斐犬のしつけ方

天然記念物でもある甲斐犬はペットショップで購入することができないため、情報も多くありません。ここではその甲斐…

どうしても食べて欲しい!愛猫に療法食を食べてもらうために飼い主ができること

猫に多い腎臓病や尿疾患では食事療法を行います。しかし愛猫が療法食を食べないという悩みを抱える飼い主さんは多い…

長い間ありがとう!寿命を迎えた愛猫の葬儀、どうしたらいい?

長い間一緒に暮らしてきた愛猫の死。いつかは来るそのときの事、知っておきませんか?愛猫を看取った後の葬儀は?火…

関連するキーワード