猫にもあげてはいけない食べ物があります

猫ちゃんが食べてはいけない食べ物、結構ありますがパッとは思い浮かばないですよね。個体差で致死量も変わりますが、ほんの少量で命を落としてしまう子もいるんです。
与えて良い・悪い食べ物を理解して、悲しい事故をなくしましょう!

お刺身はNG!魚は必ず火を通しましょう

猫にお魚、画的にぴったりなのに…。
猫に鮪のお刺身、なんだか大好物だったり、よくあげてしまう飼い主さんもいますよね。ですが実はあまりよくないんです。
ビタミンB群の1つ、チアミン欠乏症を起こしてしまいます。あげ続けている場合は注意が必要です。
どうしてもあげたい場合は、湯がいて火を通してからあげるようにしてください。

犬と同じくネギ類は絶対に与えてはいけません

犬もだめなネギ類、猫もだめです。
赤血球を破壊してしまう、犬猫にとっては非常に恐ろしい食べ物です。猫のほうが犬よりも過敏に反応を起こしてしまいます。
火を通しても、ネギのエキスが出ているスープも絶対にだめです!
うっかり食べてしまったら、獣医さんに電話して一時間以内に吐かせる処置をしてもらいましょう。

猫に牛乳、これも実はNGです

拾った子猫にとりあえず牛乳を…はちょっと待って!
猫ちゃんは、牛乳に含まれるラクトースを分解できません。
飲みたがるかもしれませんが、飲んだあとにお腹を壊して下痢をしてしまいます。
ペットショップにペット用のミルクが売っているので、あげたいときはそちらをあげてください。

ドッグフードを継続して与えるのは栄養不足の原因になります

中毒を起こすわけではありませんが…
見た目はそっくりなキャットフードとドッグフードですが、ドッグフードには猫ちゃんに必要な“タウリン”が含まれていないため、継続して与えると栄養不足になってしまいます。
犬と多頭飼いしていて、ドッグフードしか食べない、なんていう猫ちゃんは要注意です。

飾ってあるユリ科の植物にも注意が必要です

おうちに飾っている方いませんか?
とても綺麗でよく飾る機会のあるユリの花ですが、猫ちゃんにとっては危険なものです。腎毒性があり、花や葉っぱ、球根はもちろん、花粉を舐めてしまっただけでも急性腎不全になり、そのまま命を落としてしまう子もいます。
ユリの花だけではなく、ユリ科の植物には気をつけましょう。お散歩する子も気をつけて!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます!
あげないようにするだけではなく、好奇心旺盛で人の食べているものを食べたがる猫ちゃんへの対応もしっかりしないといけません。
ユリの花も本当に危険なので、飾っている方は別のお花に変えた方がいいでしょう。
基本はキャットフードだけで飼育するのが理想ですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

チャームポイントでもあるしっぽの動きで、猫の本音を探っちゃおう!

パタパタ振ったり、先だけ小さく振ったり、猫のしっぽを観察してみると様々な動きをしています。振っている猫のしっ…

愛猫の様子がいつもと違う!病気?不調?気になるよくある症状5つ

猫は言葉で病気や不調を訴えられません。その上、猫は不調を我慢して表に出さない動物だと言われています。猫の健康…

実は内気で消極的?イタリアングレーハウンドのしつけ方

しなやかな容姿ですばしっこいイメージのイタリアングレーハウンド。温和な性格ですが内気な面もあります。今回はそ…

関連するキーワード