赤ちゃんや子どもが大好きな犬が多いです

犬を飼うには確かに手がかかります。赤ちゃんや小さなお子さんがいては難しいと思う方も多いことでしょう。でも、犬は人間の赤ちゃんと違ってすぐに大きくなります。そして、大きくなった犬は赤ちゃんや小さな子供のことを守りたいと思うのです。それは、犬だけでなくすべての動物が赤ちゃんに対して感じることなのです。

ベビーシェマは人間も含め動物の赤ちゃんに共通しています

動物の赤ちゃんも、人間の赤ちゃんも共通点があるのを知っていますか?それはベビーシェマと呼ばれる見た目の特徴です。頭や体が丸みを帯びている。鼻ぺちゃで目と目の間が離れている。いろんな動物の赤ちゃんを思い浮かべてみてください。この特徴が当てはまってはいませんか?

赤ちゃんや小さな子供を守りたい!犬も同じ気持ちです

私たちが赤ちゃんや小さな子供を見たとき可愛いと思い、守りたいと思いますよね?それはすべての動物が持っている本能的なものです。人が動物の赤ちゃんや子供を見て可愛いと思うように犬も人間の赤ちゃんや子供を見て可愛いと思うのです。そして、泣き声を聞くと助けたい守りたいと思うのです。

犬が吠えているのはSOSの場合が多いです

赤ちゃんや小さな子供が泣いていると、その横でワンワン吠える犬がいます。それを見て叱る飼い主さんがいますが犬は赤ちゃんを泣かせたいわけではないのです。なんとか泣いてる赤ちゃんを泣き止ませたい、助けたい、けれどできなくてあなたに助けを求めているのです。

犬は優秀なベビーシッターになれます

赤ちゃんや小さな子供は動くものに強く興味をひかれます。犬のしっぽがパタパタ動くのを手を伸ばして捉えようとすることがあります。犬は尻尾を触られるのが嫌いですが、不思議と赤ちゃんが引っ張っても怒ることはめったにありません。それは赤ちゃんがまだ幼く弱いものだということを良く知っているからなのです。

優しく賢い犬は、赤ちゃんや小さな子どもの素晴らしい友人です

犬が優秀な子守りであることはわかっていただけたでしょうか?でも、まずはあなたが愛情をこめて犬を育てることが大切です。人から沢山の愛情をそそがれ育った犬は、人との絆が固く結ばれ優しく賢い犬になります。そんな犬は新しく増えた家族である赤ちゃんや小さな子供を家族として守り、優しく接することができるのです。

今でも赤ちゃんが生まれると張子の犬を贈る方がいますが、張子の犬は赤ちゃんを病や災厄から守るお守りです。それと同じように犬も赤ちゃんや子供の良きお兄さんお姉さんとなって守り、時には子育てに疲れたあなたを癒してくれることでしょう。最後までお読み頂きありがとうございました!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

一体何匹出てくるの!? 小さな犬小屋から出てくるバセットハウンド♪

ウッドデッキに佇むドッグハウス。中には3匹のバセットハウンドが見えます。と思いきや、3匹以上のバセットハウン…

意外と痛い!甘噛みを始めた犬にはどんなしつけと注意が適切なのか?

大切な家具が台無しになったり、いろいろ困ることの多い愛犬の甘噛み。成長過程では必ずあるものですが、甘噛みの時…

愛犬のトイレ習慣に役立つ!問題別で選ぶトイレグッズ

犬のトイレ問題はしつけに一生関わること、最初のしつけが肝心です。初めてのトイレや毎日使うトイレシーツまで、愛…

関連するキーワード