犬の健康状態を把握しておきましょう

犬の1歳は、犬種によっても多少の差はありますが、概ね人の1歳が4~7歳に相当すると言ってもいいかと思います。人間より、ずっと早くトシをとってしまうわけですね。加えて、人間のように具合の悪さを口で表現できないワンちゃんたち。定期的な検査結果が重要な指標になります。

犬の健康診断ってどのようなことをするの?

健康診断といいますと、動物病院で獣医さんに診てもらうことになりますが、基本的に獣医さんが目で見て、触って、聴診して・・・というプロセスは必ず行われるはずです。そのほかに、血液検査、レントゲンやエコーによる体の中の検査などが考えられます。

費用はどれくらいかかるのでしょうか?

費用は動物病院によってさまざまです。その病院内ですべて行う場合、血液検査を外注でする場合などによっても差が出てきます。料金表を明記していない動物病院の場合は、獣医さんやスタッフに相談してみましょう。必要の有無も含めて判断してもらえます。

健康診断は年1回が基本です

若い0歳~7・8歳くらいまでは血液検査を含めて、1年に1回くらいのペースで、それ以上の年齢のわんちゃんは半年に1度程度受けておくのが理想的です。フィラリア検査やワクチンと合わせて行っておくと、忘れなくて良いでしょうか。シニア犬の場合は、もう少し意識して考えておく方がベストです。

普段から愛犬の健康状態には気をつけておきましょう

食欲、元気さ、水を飲む量とおしっこの回数・量、便の状態、歩き方の変化、呼吸の仕方など、獣医さん以上に飼い主さんも日ごろから気をつけて観察していただきたいものです。そうすることで、病気の早期発見、早期治療、そして長生きに結びつけることができます。

病気や怪我をしたときに慌てないために、一家に1冊、パートナーの病気に関する本があると安心です。

人間ドックならぬドッグドックというものもあります

基本的に血液検査によるものが健康診断ですが、ドッグドックとは、それに画像診断なども組み合わせた本格的な総合診断になります。人間ドックのワンちゃん版です。費用も万単位がほとんどで、完全予約制が普通。受診はなかなか大変ですが、高齢になってきたら考えておくのも良いかと思います。

ドッグドックとは、上で紹介したような健康診断のあらゆる項目を一気に行って全身の健康状態をチェックするもの。まさに人間ドックの犬版ですね。

ほとんどが完全予約制、前夜は食事禁止、時間は1~2時間程度となります。
費用は病院により異なりますが、15,000円~20,000円程度に設定されていることが多いようです。

かわいいワンちゃんは家族の一員です。なるべく元気で長生きしてほしいものですよね。
犬にも健康診断は皆さん(の愛犬)に、もっと一般的に積極的に受けてもらいたいものです。
ワクチンの時期などに、ぜひかかりつけの獣医さんにご相談をしてくださいね。
最後までお読み頂きありがとうございました!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

犬の鳴き声がうるさい!その解決法に声帯手術は必要なのでしょうか?

人口密集地で暮らしていると、時には犬の声がうるさいとトラブルになることがあります。声帯手術をする人もいますが…

愛しいペットとの別れ、飼い主が最期に出来ることとは?

いつの日か必ず来る、大切なペットとの別れ。その時が来たら感謝の気持ちを込めて、しっかり見送ってあげたいもので…

知らなかった!犬が苦手な人の理由や心理、恐怖症でも犬は飼えるのでしょうか

犬を飼っていると忘れがちですが、世の中には犬が苦手な人もいます。人によって程度の違いはありますが、犬が苦手な…

関連するキーワード