キャリーバッグのプチ情報をご紹介します

猫を飼い始めたらトイレや食事に使うグッズを準備します。しかし、忘れがちなのがキャリーバッグです。

猫は家で過ごすイメージが強いですが、外出する機会もあります。安全で快適な移動のためにも猫に合ったキャリーバッグを選ぶことはとても大切です。

選び方や入れ方のコツなど、キャリーバッグのプチ情報をお届けします。

猫にキャリーバッグが必要な理由は安全な移動のため

予防接種や病気の際の動物病院の受診、引越、災害等の緊急時の移動や避難所生活では、猫も周囲も安心できる猫の居場所が必要になります。

犬のように散歩で外に慣れていない室内飼いの猫は、車や人に驚いて飛び出すこともあり危険も多いのです。

いざという時のためにキャリーバッグやハーネスを準備しておくと安心ですね。

キャリーバッグの大きな悩みは猫が嫌がること

猫はキャリーバッグに嫌がって入ってくれないことがあります。

獣医師の山本宗伸先生によると、
<猫は知らない場所に行くことを嫌います。縄張り意識が強く単独行動を続けてきたので、知らない人に触られる動物病院が嫌いなのは当然のことかもしれません。>

猫にキャリーバッグを好きになってもらいましょう

外出が苦手な猫にキャリーバッグを好きになってもらうには、キャリーバッグが安心できる場所だとわかってもらうことです。

普段から部屋に置いておけば、猫は元々カバンに入るのが好きなので自然と入りやすくなります。また、猫のにおいの付いたタオルやお気に入りのおもちゃをキャリーバッグに入れておくのも効果的です。

ネコたちが、「キャリーバッグ=病院に連れて行かれる」などとおぼえてしまうと、大変厄介なことになります。病気やケガで、なるべく動かさずに動物病院まで連れて行きたいときに、キャリーバッグに入るのが嫌で、激しく抵抗し症状を悪化させるような結果になるかもしれません。

それでも嫌がったら、洗濯ネットが便利です

どうしてもキャリーバッグを嫌がる場合には、不安にさせないためにも無理は禁物です。

洗濯ネットに入れる方法が一般的ですが、運転中は不安定ですし一人での移動は不安ですよね。

そんな時には、大きな洗濯ネットに、大き目の安定した四角いカゴバスケットを入れるだけです。簡単で安定するので猫も飼い主さんも安心です。

猫用キャリーにはどんな種類があるの?

丈夫でお手入れも楽なプラスチック製、柔らかく抱っこ向きの布製、風通しの良いかご製、長距離移動や大きい猫向きのカート製などがあります。

窓やポケット付き、シートベルトに装着できるタイプなど種類も豊富です。入り口が側面と上側の両方あると便利です。

猫のサイズや年齢、目的に応じて選ぶことをおススメします。

まとめ

機能性だけでなくデザイン性も高いキャリーバッグがたくさんあります。またドライブ用や電車移動用、お散歩用など、目的別のキャリーバッグも増えています。

猫ちゃんも飼い主さんも安心できるお気に入りのものが見つかりますように…。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

かわいくしっかり使えるFLAVOR.×PORTER ハロートートバッグ ミニ

丈夫な生地で作られているので長く愛用できます!ちょっと出掛けるときにも使えるので便利です!

持ち運び簡単!車でも安全!リッチェル キャンピングキャリー L 【犬用キャリーバッグ…

リッチェル キャンピングキャリーはキャスターやハンドルがついているので持ち運びがとても楽にできます!

関連する読みモノ

猫砂の人気商品5選

ペットのまわりを清潔に保つために必要な猫砂。今回は猫を飼っている初心者さんに向け、人気の商品を5つ、お伝えし…

どうしても食べて欲しい!愛猫に療法食を食べてもらうために飼い主ができること

猫に多い腎臓病や尿疾患では食事療法を行います。しかし愛猫が療法食を食べないという悩みを抱える飼い主さんは多い…

愛猫と散歩したい!お散歩したい猫ちゃんのための注意点

最近猫が散歩しているのを見かけることも増えました。でも本当に猫にとってお散歩は必要なのでしょうか。お散歩する…

関連するキーワード