初めてのお散歩では歩かないなんてこともあります

通常、犬は生まれてから3回目のワクチン接種が終了すると、免疫ができるので外で散歩する事が可能になります。
散歩は運動するだけでなく、飼い方・しつけにおいて重要な社会経験の場にもなりますが、まだお散歩に慣れていないパピーは歩かないコも多いんですよ。

お散歩デビューをさせる前に準備できることがあります

3回目のワクチン接種が終了して免疫が出来るまでは、思わぬ病気や感染を防ぐ為お散歩はしませんが、飼い主さんが抱っこで外を見せたり、いろいろな人や生活音などに慣れさせておく事が大切なんです。
抱っこや、スリングに入れての安心な散歩をする事で、外の世界が判っていくんですね。外の楽しさを教えてあげましょう。

他の犬と遊ぶのが苦手なコもいます

お散歩デビューすると、他の犬との接触も増えてきますね。しつけ教室などに通って、ある程度犬社会の勉強が出来ているコもいますが、実は中には犬が苦手な犬もいるんです。
問題は犬と遊べないことではなく、トラブルを起こしてしまうことなので、犬が苦手なコは無理に遊ばせず、そのコに合った散歩を楽しみましょう。

リードは愛犬だけでなく、周囲の人や犬も守ります

公共の場所で犬をノーリードにするのは条例で禁止されています。公園で離している方を時々見受けますが、ドッグランでもない場所でのノーリードは基本的に違法です。
公園は小さなコや身体の不自由な方、それに犬が嫌いな人も中にはいます。突然走り出してしまう犬もおり、公道に飛び出してしまう危険性もあるんですよ。

夏は給水もしっかり、肉球のやけどにも注意しましょう

夏のお散歩の時間帯は非常に気になるところですね。
一番気をつけたいのが路面の温度です。犬は人間よりも地面に近いだけでなく、裸足で歩いているのです。肉球が火傷する、なんて事もあるんですよ。
涼しい時間帯を選び、必ず飼い主さんが路面に触れて温度をチェックしてあげましょう。もちろん、お水の携帯も重要です。

まとめ

愛犬との散歩は楽しいですね。
だからこそマナーを守り、思わぬ事故やトラブルに巻き込まれないよう、気をつけながら散歩したいものです。
運動量や苦手な場所など、個体に合わせながら、適度な散歩で運動不足とストレス解消をしてあげたいですね。時にはおやつを携帯したり、楽しんでお散歩しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

エスカレートしがちな「要求吠え」をやめさせるには?

あなたは愛犬が、散歩や食事の時間が近づくとそばに来てワンワン吠えたてられて困った経験はありませんか?それは“…

犬にパンをあげるときの注意点

犬にパンを与えてもよいのか疑問に思っていませんか。いくつかの点に注意すればパンを与えることに問題はありません…

一緒にいると寂しくない!?高齢者が犬を飼うメリットとデメリット

高齢者が犬を飼う時のメリットは大きく、定年後の生活に彩りを与えてくれることでしょう。しかし、年齢も重ねると飼…

関連するキーワード