食べないのは味が好みでないのが原因かもしれません

今まで食べていたペットフードから違うものへ切り替えた時、急に食べなくなる事があります。
そんな場合は味が好みに合わない、小型犬の場合だと粒が大きく食べにくいのが原因の時もあります。また、パピーの頃には一時的に食べなくなる犬もいますが、おやつは食べて食欲自体があれば病気の心配は少ないと考えて大丈夫です。

食べないときはササミやキャベツをトッピングしてみましょう

餌にかけるふりかけをかけるのも一つの方法です。鶏のササミをボイルか焼いて少し混ぜてあげると食欲が増す事があります。プラスする分、フード全体の量は調整すると肥満防止にもなります。
野菜が好きな犬なら、茹でキャベツなどを細かく切って混ぜるのもいいですよ。野菜によっては糖分が多いので与え過ぎには注意です。

犬が食べやすい大きさや固さのものを選ぶようにしましょう

餌を切り替えて食べなくなった場合ですが、食事療法など、医師に指定された餌でもない場合には、犬の好みに戻してあげるのがオススメです。
粒が大きくて食べられない場合には、粒を軽く砕いてあげると食べる場合もあります。一度食べれば次からは大丈夫な場合もありますが、小型犬は粒が小さい方が食べやすいようです。

餌を上手に選んで健康管理につなげましょう

最近は本当にさまざまな餌が研究され、出されています。
パピーや成犬、シニアなどの大まかな区切りだけでなく、犬種別の体調管理が出来るものもたくさん出ていますね。
虚勢や避妊手術をした犬は肥満になりやすい為、肥満防止の餌を選ぶと、かなりカロリーが抑えられるんですよ。
餌を上手に選んで健康管理しましょう。

手作りフードでメリハリを付けて食欲増進に繋げましょう

犬が餌を食べない時には病気の可能性もありますが、おやつを食べたり得に食欲そのものが落ちた訳でもない場合は、一時的な事が多いようです。
餌に飽きているような時には、手作りフードを与えてみるのもオススメです。鶏や鰹ぶしなどで出汁を取っただけの味付けにし、あとは野菜を入れてリゾットなどもいいですよ。

まとめ

犬が急に餌を食べなくなった、と心配する飼い主さんは多いと思います。食欲が無い時にはまず病気を疑いましょう。
しかし、単純にドライフードが合わない、一時的に飽きてしまった、という場合には合うフードを探したり、工夫も大切です。
また、ドライフードや手作りご飯で、上手に健康管理もしてあげましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

トイレ、食事、留守番...みんなが知りたい室内で「犬のしつけ」まとめ

室内のしつけには、いくつかあります。例えば、トイレ、食事の仕方、様々な音に鳴らす、留守番の仕方などです。これ…

本能とは言え困りもの…犬のうれしょんは対策できる?

犬のうれしょんが治らず、何か対策をしたいと考えている飼い主の方へ、おすすめの対処法をご紹介していきます。アイ…

まるで愛犬とルームシェア!気ままな暮らしにぴったりの、人にも犬にも優しい住居

犬と暮らす単身者やご夫婦は増えています。家族で飼っている場合とは少し違い、ルームメイトや子供といった感覚にな…

関連するキーワード