保険料金や支払い方法で選ぶのも一つの方法です

保険料金も様々です。犬の年齢や大きさでも金額設定を変えているところがほとんどですし、保険会社によっても多少差は出て来ますが、小型犬で0歳なら月々の保険料は数百円というかなりお手頃な所もあります。
予算に合った保険を選びたいですね。

入院や手術手当は、飼い主の負担割合も様々です

実際に病気やケガで受診、治療した場合の負担割合を何種類か設定している保険も多くなっています。
飼い主の負担割合は30%という保険もあり、入院の際の日額も1万円以上と充実しています。
勿論、保険料も高くなるので、受診頻度と比較して検討すると良いですね。

保険金の支払い方法は大きく分けて2種類です

動物病院で支払った金額に対して保険会社が負担してくれる金額、つまり保険金が入ってくる方法は、ほぼ2種類に分かれているようです。
一旦窓口で全額支払い、保険適用分を請求して後から振り込まれて来る方法はまだ多いようですが、病院の窓口で人間と同じように飼い主の負担分だけ支払う保険も増えています。

保険会社のサービスで選ぶのも賢い選び方です

保険会社によって、そのサービス内容もいろいろ特徴が分かれています。
ペットの写真が入る保険証を出している所もあり、飼い主さんも嬉しいサービスだと思います。
また、24時間ペットの体調相談が出来るサービスをしているところもあります。自分やペットに合った保険を選んで賢く使いたいですね。

物損や怪我をさせてしまった時に役立つ特約も種類が豊富です

最近は特約もいろいろ充実しています。
事故や病気で足が不自由になった場合の車椅子の費用や、天寿を全うした時のセレモニー費用などもあり、シニアからの犬にはオススメだと思います。
また、万が一誰かを噛んでケガをさせてしまった、または持ち物や備品を破損させてしまった場合にも補償してくれる特約もあります。

まとめ

犬の保険は、ケガや病気だけでなく、いざトラブルがあった時の賠償金の備えや最後のお別れの費用など、今や人間同様に充実しています。
設定料金もさまざまなので、愛犬に合った保険を賢く選んで、無理のない保険料で上手に利用したいですね。いくつか比較して選ぶのも良いと思います。
最近はペットも長生きになっています。いざという時十分な治療が出来るよう、心掛けてあげたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

肥満犬向けのドッグフードは何が違う?

肥満犬向けのドッグフードをご紹介し、特徴をまとめ、標準的なドッグフードとの違いを分析します。また肥満犬向けの…

\マジックに困惑!/おやつが欲しすぎるワンちゃんに注目♥

おやつが大好きなワンちゃん。今日もおやつタイムも意気揚々と歩いてきました!おやつがマジックで消えてしまい困惑…

かわいいだけでは飼えません!犬を飼う前に確認したい5つのこと

ペットショップには、かわいい子犬が沢山います。犬を飼うことって予想以上に大変です。そこで犬を飼う前にしっかり…

関連するキーワード