むやみに触らず警察に通報するのも一つの手段です

迷子札はおろか、首輪やリードを付けていない、その形跡がない場合、実はワクチンなど適切な対応をせず杜撰な飼い方をされている場合もあります。
見た感じできちんと飼われていないような犬や野良犬と思われる場合は、万が一噛まれては大変です。
安易に触らず、まず警察に通報すると来てくれます。

首輪などが付いた飼い犬なら、迷子札がついていないか確認しましょう

見るからにきちんと飼われている犬で、近寄っても大丈夫な場合は、まず迷子札があるかどうか見てみましょう。
飼い主の連絡先などがあれば電話してあげると親切です。当然ですが、迷子札を付けている飼い主は、万が一愛犬が迷子になってもすぐに連絡が貰えるように付けているのですから、飼い主も安心します。

マイクロチップが入っている可能性も考えてみましょう

きちんとした飼い犬で迷子札もあるのに、情報が判りにくい場合は、警察へ通報するのも良いですが、マイクロチップが埋め込まれている可能性を考えてみましょう。
マイクロチップは動物病院や保健所などにリーダーが置かれています。最寄りの機関で見て貰うと、マイクロチップが入っていれば飼い主の情報が判ります。

もしも自分の愛犬が迷子になってしまったらまずは警察へ

まず、最寄りの警察に届けられていないか確認してみましょう。
迷い犬の場合、法的には抑留期間は二日間です。預けられた警察の設備にもよりますが、置ける場所が無い場合は、即日保健所などへ移動されてしまう場合もあるようです。
まずは警察へ連絡し、次に保健所や動物保護センターへ連絡する事が大切です。

犬を保護したらできる限り飼い主の元へ戻したい!

犬種によっては、犬を警察や保健所にも届けず、こっそり飼ってしまう、なんて話も時々聞きます。これは飼い主にとっても犬にとっても非常に悲しい事です。
警察も保健所も抑留期間は決まっています。もしも、預かれる環境が整っていれば、ポスターなどで呼びかけるなどして探してあげるのも親切です。

まとめ

愛犬が迷子になる、というのはいつ誰に起こってもおかしくない事態です。
万が一自分の愛犬が迷子になったら、と考えた時に、どう対応してくれたら嬉しいかを考えて、大切な命をきちんと家族の元へ帰すお手伝いをしてあげて下さい。数日預かる場合も、まずは警察へ一報してからだと、飼い主も探しやすくなりますよ。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

1度食べたらやみつき、さつまいも入りスティック 200g

食べておいしいさつまいもをおやつにしました!栄養もばっちり国産で仕上げたので安心してワンちゃんも食べることが…

歯の健康を保つ!牛ガムスティック 7本

良質コラーゲンたっぷりの国産牛皮でつくりました!PVの製品は国産で作られているので安心して愛犬に与えることが…

カリッとした触感がいいさつまいもチップス 40g

ワンちゃんも納得するおいしいさつまいもチップスが完成しました!栄養もしっかりある素材が入っているので健康にも…

関連する読みモノ

散歩キライの犬もいる!?愛犬との散歩を楽しむために必要なこと(デビュー編)

意外とお散歩が苦手な犬は多いもの。天候や体調など都合もあるので必ず毎日する必要はありませんが、適度なお散歩は…

これは驚き!!江戸時代には犬も自由にお伊勢参りができたってホント?

江戸時代、将軍徳川綱吉によって施行された「生類憐れみの令」は広く知られています。なんと当時の犬は自由に伊勢参…

お留守番中の犬は何をする?衝撃の結果は・・・!

お留守番を任された犬。飼い主が外出中になったら、一体お部屋で何を始めだすのでしょうか。飼い主さんのいないすき…

関連するキーワード