パピーの頃は足腰がまだ弱いので、負担がかかってしまいます

犬種を問わず、パピーの頃の足腰はまだ弱い為、滑りやすいフローリングの床は以外と足腰に負担がかかってしまいます。
犬を飼うには、パピーの頃は特に、クッションフロアやカーペットなどにしてあげると、足腰に負担が掛かりません。

ダックスフントなど犬種によっては腰に大きな負担がかかります

ダックスフントなどの胴が長く、足の短い犬種は、滑りやすいフローリングは腰に負担が掛かりやすく、傷めてしまう事もあります。
椎間板ヘルニアにも掛かりやすいので、タイルカーペットなどを敷いてあげたり、足が滑らない工夫をしてあげると良いですよ。

嫌がらなければ、犬用の靴下を履かせる方法もあります

フローリングに何か敷くのは見映えも変わるし抵抗が、という方には、犬用の靴下を履かせてあげるのもいいですよ!
靴下には幼児のものと同じように滑り止めが付いているものが多く出ています。靴下を嫌がらないコであれば、履かせてあげると負担も軽減されます。

犬の爪でフローリングに傷が付いてしまうことも

犬の健康上のトラブルも勿論ですが、フローリングの傷は気になる方も多い筈です。
犬は足の爪を引っかくようにして歩く為、走り廻ったりしなくても、結構フローリングに傷がつくものなのです。そして、一度付いてしまうと元のように綺麗にはなりません。賃貸物件の場合だと、なおさら気になりますね。

フローリングの床におしっこ、そんな時の対策は?

特にトイレトレーニング中のパピーに多いのは、床にオシッコをするパターンです。場合によってはフローリングでもオシッコの臭いがついてしまい、毎回そこでしてしまう場合もあります。
拭き取るだけでなく、専用の消臭スプレーを使用したり、使い捨てのコルクタイルなどを敷いてこまめに換えるなどの対応が必要です。

小型犬を中心に最近多い、犬の室内飼い。室内飼いをしている場合、散歩以外はケージの中だけで飼うという方もいると思いますが、室内で自由にさせている飼い主さんは多いものです。
犬の運動するスペースに使い捨てマットやコルクタイルなどを上手く活用したり、消臭剤や靴下を活用して、飼い主も犬も快適に過ごしたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ペットシーツをぐちゃぐちゃにしないアイデアまとめ

ペットシーツのいたずらは多くの子犬が経験するものですが、飼い主さんにとっては大変。早く卒業させるための秘訣を…

知らなかった!?ペット飼育禁止物件で犬を飼ってはいけない理由

ペットを飼育するには、ペット飼育可能な物件であることが前提であり、常識です。ところが、中には禁止されているの…

お刺身あげちゃいけないの!?猫に絶対与えてはいけない、赤血球を破壊するあの食べ物

食欲が旺盛な猫には人の食べているものを欲しがる猫もいます。かわいいからとついあげてしまいがちですが、中には危…

関連するキーワード