夏でも楽しく毎日お散歩に行きたい!

お散歩は、運動としてもストレス解消としても、愛犬にとって、とても大切なものです。
しかしながら、夏の気温の高い時期は、飼い主には重労働ですが、愛犬にとっても熱中症の危険と隣り合わせです。
毎日のお散歩は、安全に連れて行ってあげたいのですね。

愛犬を何時くらいに散歩に連れて行けばいいの?

日中のお散歩はNGです。

人間より背の低い犬は、アスファルトの照り返しで、身体が熱くなりがちです。
さらに、熱されたアスファルトが60℃にもなることがあり、肉球を火傷してしまいます。

気温が30℃にならない、早朝5時~6時、または日が沈んでから、アスファルトの熱が冷める21時~22時をお勧めします。

時間だけではなく、実際の温度も確認しましょう

気温を気を付けていても、実際にはアスファルトは熱を持っていることがあります。実際の温度も確認してあげましょう。

5秒間、手の甲をアスファルトにあてて、熱いと感じたら犬たちにとっては熱中症の危険が大!お散歩には暑すぎます。

直射日光にも注意が必要です

アスファルトや、気温がOKでも、お散歩中には直射日光を浴びます。
日光を浴びれば、対応も上がってしまいます。

犬は体温が上がると舌を出して、唾液の気化熱で体温を調節します。
その為、特にマズル(口)の短い犬種は注意が必要です。

体温の上昇を防ぐためにできること

体温の上がりすぎを防ぐ方法をいくつかご紹介します。

1:直射日光を避けるため、メッシュなどの通気性のいい服を着せる
2:服を濡らしてあげる(水の苦手な子は霧吹きをかける)
3:濡らしたバンダナを首に巻く
4:保冷剤などで、首や腕の付け根の動脈を冷やす(凍らしたペッ

暑さ対策用のお散歩グッズも試してみましょう

お散歩の暑さ対策グッツも、たくさん販売されています。

保冷剤入りバンダナや、保冷剤を入れて、熱のこもりやすい頭部まで覆えるスヌードなど。

暑さには、個体差もあるので、すぐに舌を横に出してしまう子には、しっかりとした既製品を利用して、熱中症を予防してあげましょう。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

熱中症は愛犬の命に係わる問題です。
お散歩以外でも、夏休みに一緒にお出かけをする機会も増えると思います。
犬の行動やしぐさに気を配りながら、楽しい夏を過ごしたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

FLF レニーム 虫除け+毛艶スプレー ミニ 50ml

レニームを知っていますか?最近注目されている主原料です。今回は犬にも人にも優しいスプレーを紹介します。

持ち運び簡単!車でも安全!リッチェル キャンピングキャリー L 【犬用キャリーバッグ…

リッチェル キャンピングキャリーはキャスターやハンドルがついているので持ち運びがとても楽にできます!

一度食べたらやみつき! 国産 PV ササミチップス 12枚入

国産のおいしいササミをチップスにしました!

関連する読みモノ

意外と痛い!甘噛みを始めた犬にはどんなしつけと注意が適切なのか?

大切な家具が台無しになったり、いろいろ困ることの多い愛犬の甘噛み。成長過程では必ずあるものですが、甘噛みの時…

コタツで丸くなる季節到来! そして猫のトイレトラブル発生の季節到来

猫が寒さで丸まったり暖房で伸びたりする季節……冬。恍惚の表情でまったりする猫にほっこりできる季節である一方、…

本能とは言え困りもの…犬のうれしょんは対策できる?

犬のうれしょんが治らず、何か対策をしたいと考えている飼い主の方へ、おすすめの対処法をご紹介していきます。アイ…

関連するキーワード