愛犬を車に乗せる時、どのようなことに注意したらいいのでしょうか

愛犬を車に乗せている人は良く見かけますね。愛犬の大きさや性格に合わせて乗せ方にも注意が必要なんですよ。大人しいコは助手席でそのまま移動出来る場合もありますが、クレートに入れてトランクや後部座背に乗せる人などさまざまです。

大人しい小型犬やパピーには、スリングやキャリーバッグが便利です

キャリーバッグに入れて乗せると、愛犬がうろうろしたり、急ブレーキでシートから落ちる心配も少ないので運転がしやすくなります。
お散歩デビュー前のようなパピーや、大人しいコの場合は、スリングに入れてシートのヘッドレストに掛けて置くのもいいですよ!その際、スリングが浮いた状態にならないようにしましょう。

犬用のシートベルトを使えば、動きを制限して安全なドライブになります

犬用のシートベルトがあるのをご存知ですか?首輪やハーネスに付けて、それを車のシートベルトに固定するだけの商品です。キャリーバッグやクレートに入れずフリーな状態で車に乗せていても、ドアを開けた時や窓から犬が飛び出したりするのを防いでくれるんです。

クレートに入れて後部座席かトランクへ乗せるのも一つの方法です

クレートに入れて、座席またはワンボックスカーなどの完全な密室にはならないトランクに置くのも安全な車での移動手段です。クレートは動かないように固定されているのが重要です。座席ならシートベルトを利用して固定するのもいいですよ。

シートやボックスで開放感があれば犬も不安になりません

クレートなどの閉ざされた空間が苦手な犬には、後部座席を利用したシートや、上半分がフリーで開いた状態になっているボックス型の車載グッズがあるので、それを利用するのもおすすめです。
飼い主も犬も、開放感ある快適なドライブが楽しめますよ!

人間と同じように、車酔いする犬もいます

実は、犬だって車酔いをするんです。車や乗り物に慣れているコは大丈夫な傾向にありますが、酔って吐いてしまう事があります。
そんな時は途中で車を停め、軽く外で歩かせてあげたりすると良いですよ!帰省など長時間の場合は休憩ごとに外で歩かせたり、トイレをさせてあげるのも大切です。人間と同じですね。

まとめ

ドライブが大好きな犬もいれば、乗り物自体が苦手な犬もいます。苦手なコはやむを得ない場合以外は無理に乗せない事が一番です。
また、好きな場合でも、大人しく座っていられる犬や飼い主さんに抱っこしようとしたり、落ち着かないコなどさまざまです。
犬のサイズや性格に合わせた、いろいろな便利グッズを利用して、楽しくて安全なドライブをしてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

愛くるしい表情にメロメロ!安定した人気のポメラニアン、飼うにはどんな注意が必要?

安定した人気の犬種、ポメラニアン。ふわふわの体毛と愛嬌のある顔がとても可愛いです。実際に飼う場合の、飼い方の…

しつけの第一歩!あなたは愛犬の良きリーダーになれていますか?

犬にとって群れのリーダーがいることは安心して暮らせることの大切な条件の一つです。あなたの愛犬にとってあなたは…

犬を飼ったらなぜ「しつけ」が必要になるの?しつけ方とその理由まとめ

屋外では危険が沢山あります。犬をしっかりしつけなくては車に引かれてしまったりするかもしれません。待てやお座り…

関連するキーワード