大型犬を飼うには十分なスペースが必要です

大型犬を飼うにあたって、室内でも屋外でも、十分なスペースが必要です。また、一日の運動量が1時間は最低でも必要なため、飼い主側としても1時間以上、犬と一緒に歩ける時間が必要になります。室内の場合は家の中で十分に動けるスペースがあるといいですね。

飼いやすい大型犬の犬種は?

ゴールデンレトリーバー、ラブラドールの2犬種は頭が良く、忠実であることから飼いやすい種類です。シェパードも警察犬として活躍していることから、毛の抜けやすさなどを除くと飼いやすいと言えます。ただ、力もつよく、忠誠心がすごい為、しっかりとしつけが必要になります。特にリードを持つときなどは注意が必要です。

大型犬のしつけは特に大切です

大型犬で特に問題となる行動が、吠える・噛みつくの二つだと言っても過言ではないでしょう。特に大型犬でこの二点のしつけがなっていないと飼い主も大型犬を止めることが難しくなってしまいます。おて、おかわりなどだけでなく、リードを引っ張らないしつけ等も含めて家に連れてきた時からしつけを始めましょう。

大型犬の寿命は約10年と短めです

小型犬に比べて、大型犬の寿命は短いと言われています。例えば小型犬、ダックスフントは15年近くの寿命が平均と言われていますが、ラブラドールレトリーバーになると約10年の寿命と5年ほどの差が出てきます。病気になる確率も大型犬の方が高い為、寿命が短いのです。

人気大型犬3選をご紹介!

1位、2位はしつけもしやすく、人懐っこいゴールデン・ラブラド-ルレトリーバーです。この二種類は常に人気の高い犬種です。3位には、バーニーズマウンテンドッグがランクインしています。子供に優しく、穏やかで柔らかい性格なので、外で飼うというよりは、室内で家族と共に過ごすのを好みます。
最後までお読み頂きありがとうございました。大型犬は毎日の運動量が多いので、毎日1時間は一緒にジョギングやウォーキングが必須です。また、しつけをしっかりすることで、家族も犬自身もハッピーに暮らすことができますね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

におわないペットシーツ処理機本体+専用カセット4個付きスペシャルセット

気になるペットシーツの処理に。 ペットシーツ処理器『デオポット』 本体と専用カセット4個ついたお得なセットで…

関連する読みモノ

愛犬とバージンロードを歩きたい!ペット同伴OKの都内結婚式場5選

愛犬家にとってわんちゃんは家族!結婚式だって一緒に居たい!そんな方のために、ペット同伴OKの結婚式場をご紹介…

犬を飼い始めたばかりの方必見!無料のしつけ教室を体験してみましょう!

犬を飼い始めたばかりの頃に悩むのはやはりしつけです。そんな時、無料で利用できるしつけ教室を体験してみましょう…

犬がうんちのときにくるくる回るはなぜ?衝撃的な理由とは

犬がうんちをする前にくるくると回る姿を目にしたことはあるでしょうか。今回は、ある研究グループによって明らかと…