猫は我慢強い動物なので、必ず健康診断を受けるようにしましょう

猫はとても我慢強い動物なので、ギリギリまで病気に気がつかないことも。年に一度の健康チェックで、病気の早期発見・早期治療につながります。どんなことをするのか、費用はいくらくらいかかるのか、事前に確認をして、愛猫の健康を守りたいですね。

猫の健康診断はどの病院でもほぼ同じです

動物病院により多少の差はありますが、うちの猫たちのかかりつけ医院を例に挙げると、チェック内容は 1.目のチェック 2.歯のチェック 3.足の関節チェック 4.脱水チェック 5.心音チェック 6.体温チェック 7.検便 8.体重チェック となっています。ほとんどの病院が上記内容と同じかと思います。

健康診断時へはキャリーケースで連れて行きましょう

キャリーケースはプラスチック製がオススメです。

キャリーケースはプラスチック製がオススメです。

出典:shutterstock

便を少量持って行くと、より正確に確認してもらえます。採るのが大変ですが、尿も持っていけるとより良いでしょう。尿路疾患の検査ができます。また、病院には他のペットがいますので、キャリーの中にペットシーツをしき、絶対に外に出さないことが大事です。暴れてしまう子は洗濯ネットの中に入れると安全です。

費用は病院に問い合わせるのが確実です

病院により「健康診断代金」としていくら、と決まっているところもありますが、うちの猫たちのかかりつけの場合は、診察代1000円(年に一回なので初診代含)・検査代2000円(検便検尿あわせて)でした。健康診断時にワクチン接種をすると、さらにワクチン代金がかかります。

年齢にあわせた健康診断を受けましょう

出典:shutterstock

猫の6歳は、人間の年齢でいうと40歳!中年にさしかかると病気にかかりやすくなることもあります。健康診断を半年に1度のペースにしたり、レントゲンなど検査項目を増やしたり、獣医師と十分に相談をして健康管理に勤めてあげたいですね。

健康診断だからこそ、毎年同じ病院で受けるようにしましょう

去年はあっちの病院だったけど、今年はこっちのほうが近いから…。年に一度だからこそ担当してくれる先生としっかり話をして、「その先のこと」までお願いできるか判断しましょう。愛猫の健康を守れるのは、飼い主さんなのです。
いかがでしたか?年に一度の健康診断で、愛猫の体の状態をしっかりと把握できれば、毎日の食事や運動量が適正なのかの判断もつきやすくなります。ついでにワクチンも接種して、ご長寿猫さんを目指しましょう!◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

肌を清潔、健康に保つAPDC ティートリーシャンプー+コンディショナー+ミニボトルセ…

APDCのシャンプー+コンディショナー+ミニボトルセットです。植物のもつ消臭、消炎効果を最大限に生かした犬用…

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

まずは覚えておこう!知っておくべき猫のトイレのしつけ方

猫のトイレのしつけ方について徹底解説します。飼い主もそうですが、猫も快適に過ごせる為にしっかりとおトイレのマ…

これでバッチリ!失敗しない猫の爪の切り方、4つのポイント

猫のお世話で苦労するのが爪切りです。爪が長いままでは飼い主も愛猫も怪我をしてしまうけれど、失敗が怖くてなかな…

犬が吐いた!病気・不調のサインを見分ける秘訣とは!?

犬が病気や調子が悪い時には、まず食欲に表れます。嘔吐はもちろん、いつもなら食べるフードを残す、おやつも食べな…

関連するキーワード