猫は我慢強い動物なので、必ず健康診断を受けるようにしましょう

猫はとても我慢強い動物なので、ギリギリまで病気に気がつかないことも。年に一度の健康チェックで、病気の早期発見・早期治療につながります。どんなことをするのか、費用はいくらくらいかかるのか、事前に確認をして、愛猫の健康を守りたいですね。

猫の健康診断はどの病院でもほぼ同じです

動物病院により多少の差はありますが、うちの猫たちのかかりつけ医院を例に挙げると、チェック内容は 1.目のチェック 2.歯のチェック 3.足の関節チェック 4.脱水チェック 5.心音チェック 6.体温チェック 7.検便 8.体重チェック となっています。ほとんどの病院が上記内容と同じかと思います。

健康診断時へはキャリーケースで連れて行きましょう

キャリーケースはプラスチック製がオススメです。

キャリーケースはプラスチック製がオススメです。

出典:shutterstock

便を少量持って行くと、より正確に確認してもらえます。採るのが大変ですが、尿も持っていけるとより良いでしょう。尿路疾患の検査ができます。また、病院には他のペットがいますので、キャリーの中にペットシーツをしき、絶対に外に出さないことが大事です。暴れてしまう子は洗濯ネットの中に入れると安全です。

費用は病院に問い合わせるのが確実です

病院により「健康診断代金」としていくら、と決まっているところもありますが、うちの猫たちのかかりつけの場合は、診察代1000円(年に一回なので初診代含)・検査代2000円(検便検尿あわせて)でした。健康診断時にワクチン接種をすると、さらにワクチン代金がかかります。

年齢にあわせた健康診断を受けましょう

出典:shutterstock

猫の6歳は、人間の年齢でいうと40歳!中年にさしかかると病気にかかりやすくなることもあります。健康診断を半年に1度のペースにしたり、レントゲンなど検査項目を増やしたり、獣医師と十分に相談をして健康管理に勤めてあげたいですね。

健康診断だからこそ、毎年同じ病院で受けるようにしましょう

去年はあっちの病院だったけど、今年はこっちのほうが近いから…。年に一度だからこそ担当してくれる先生としっかり話をして、「その先のこと」までお願いできるか判断しましょう。愛猫の健康を守れるのは、飼い主さんなのです。
いかがでしたか?年に一度の健康診断で、愛猫の体の状態をしっかりと把握できれば、毎日の食事や運動量が適正なのかの判断もつきやすくなります。ついでにワクチンも接種して、ご長寿猫さんを目指しましょう!◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

はじめて猫を飼う人におすすめの猫5選!

初めて飼う人に!おすすめの猫についてまとめました。初めて猫を飼いたいという方に必見の人気の種類を厳選してご紹…

愛犬は何を考えている?家族みんなが幸せになることを真剣に考えよう!

これから家族として、共に生活していく犬の幸せを真剣に考えることについてまとめました。

飼い主のベッドで犬と一緒に眠るメリット、デメリットについて

犬の飼い方には飼い主によってもかなり意見の分かれます。犬と同じベッドで寝ることは問題と考える人と可愛いという…

関連するキーワード