むちむちボディはかわいいけれど、病気が心配です

一般的な成猫の標準体重は3キロから5キロほどで、個体差もありますが5キロオーバーは”肥満傾向”と捉えたほうがよさそうです。肥満傾向の猫は糖尿病や皮膚炎、尿路疾患など健康へのリスクが急上昇!うちのコが肥満傾向だったころ、実際に試して効果のあったダイエット方法を、次からご紹介します。

1.フードの見直しと量の調節は必須!

出典:shutterstock

うちのコ(アメショ・当時2歳6キロ)は食べるのが大好き!オヤツはチャオの焼かつおが大好物!でも毎日これでは肥満は解消されません。そこでまずは食事の見直しをしました。「体重管理」「ダイエット」「室内飼用」と書かれているものに変更し、そしてきっちり”測って”あげました。

2.オヤツは手づくり少量、塩分には注意が必要です

オヤツが突然なくなったら猫だって悲しい(ハズ)!”あげない”のではなく”手づくりで少量”を基本に、あげる日を決めてメリハリをつけました。お勧めはゆでたササミとヨーグルト。ササミは細かくほぐすだけ、ヨーグルトはプレーンタイプのものをあげていました。チーズやにぼしは塩分に注意が必要です。

3.上下運動を意識的に取り入れて普段の運動量をアップさせましょう

出典:shutterstock

体が重くなると動きが鈍くなり運動量が落ち…食っちゃ寝状態では食事改善をしても効果が出にくいかもしれません。キャットタワーを設置して、フードボウルを高いところに置いて食べさせると、自然と上下運動ができます。タワー設置スペースがない場合は、棚など家具を利用してみてはいかがでしょう?

4.積極的におもちゃで思いっきり遊ばせてあげましょう

まだ若い猫なら、おもちゃでたくさん遊ばせてあげて!うちのコはねずみのおもちゃを投げると咥えて持ってくるという遊びを、飽きるまでやっていました。狩猟本能を刺激してあげれば、ハッスルモードに突入していつも以上に運動してくれるかもしれません。

それでもなかなか効果が出ないときは、医師に相談

出典:shutterstock

いろいろ試してみたけどなかなか効果が出ないときは、獣医師に相談してみましょう。もしかしたら原因が内臓疾患という場合もあります。また病院でしか買えないダイエット用処方食もありますので、無理なく健康にダイエットさせることができます。

いかがでしたか?うちのコはこれで体重が当時約2キロ減、10歳の現在は3キロになっています。肥満は万病の元。適正体重を知り、その範囲内をキープしてあげるのも飼い主の役目ですね。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

命にかかわる病気!?猫の嘔吐で考えられる病気、気をつけたい5つのこと

猫は他の動物に比べるとよく吐きます。子猫から高齢猫まで原因は様々で、最初は心配してしまいます。そのうち慣れ…

早期発見が大切!注意したい猫の血便、考えられる病気は?

愛猫のトイレ掃除の時、便に血が混じっていて驚いたことはありませんか?一度だけなら心配いりませんが続くようなら…

ヒゲの落とし物、見つけると思わずきゅん♡猫がヒゲをキレイに保つ理由は?

猫と一緒に暮らしていると、猫の形跡をあちこちで見つけます。かわいい落とし物と言えば愛猫のヒゲ。ヒゲに隠された…

関連するキーワード