飼えない野良猫を見つけたら、里親を見つけてあげたい!

庭先で産まれた子猫や道端で拾った猫、犬と比べても野良が多い猫。できることなら飼ってあげたいけど様々な事情で飼えない。そんな時はぜひ里親を探してあげてください。幸せな猫生を送れるためにも里親探しで気をつけたいことをまとめました。

まずは病院で健康チェックをしてあげましょう

出典:shutterstock

里親を探す前に、必ず病院へ連れて行き健康チェックをしてください。年齢、性別、避妊去勢手術の有無、ワクチン接種の有無など、里子となる猫がいまどんな状態なのかを聞かれて答えられるようにしておく必要があります。また状態によっては里親に出す前に治療を優先しなければならないこともあります。

里親募集はインターネットでもできます

近年はインターネット掲示板で探すことができるようになり、より里親さんが見つかりやすくなりましたが、まずは信頼のおける身近な人に聞いてみることからはじめてみましょう。診てもらった動物病院に募集広告を貼りださせてもらうことを相談してみるのもひとつの手です。

里親に引き渡す前に、必ず猫と里親さんとの”お見合い”をしましょう

里親さん候補が現れたら、すぐに引き渡してしまわずに必ず”お見合い”をしてください。猫との相性を見るということもありますが、里親さんの人柄を見たり、この子を飼いたい気持ちがあるのかを確認するためでもあります。事件にもなった動物虐待や猫を扱う業者かを判断することができます。

ワクチン接種後は1週間ほど様子を見てから引渡しましょう

里親さんが決まったとしても、ワクチン接種をすでにしている場合は、接種後最低1週間はそのまま面倒を見てから引き渡すようにしてください。引渡し後に生活環境の変化によるストレスで体調を崩してしまった場合、抵抗力が弱まりワクチン内のウイルスが悪さをすることがあります。里子が子猫なら特に注意が必要です。

引渡しはなるべく里親の元へ届ける形がベストです

出典:shutterstock

猫を引渡す場所は、できれば里親さんの家までお届けに行ってあげることが理想です。これは猫を飼うのに必要なものは揃っているか、子猫の場合は日中お世話をしてくれる人はいるかなど、ここでかわいがって育ててくれるのかを確認するためです。引渡し後1ヶ月程度は状況を報告してもらえればさらに安心ですね。

いかがでしたか?縁あって出会った猫、幸せな猫生が過ごせるように、上記のことに注意してぜひ信頼できる里親さんを見つけてあげてくださいね。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

関連する読みモノ

犬のしつけはトイレから!初心者が最低限覚えておくべき基本三原則

トイレできちんと排泄できないと、掃除が大変になるのは飼い主さんです。また、きちんと所定の場所で排泄できるよう…

屋内で猫を飼う時、猫草っては必ず用意した方がいいの?

屋内で猫を飼うには、植物に触れる機会が少ないので猫草が必要だと思われがちです。今回は、猫草の必要性や育て方に…

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイント

これは本気噛み?猫の甘噛みを矯正したい時に役立つポイントについてまとめました。子猫の時にしっかりとコミュニケ…

関連するキーワード