飼えない野良猫を見つけたら、里親を見つけてあげたい!

庭先で産まれた子猫や道端で拾った猫、犬と比べても野良が多い猫。できることなら飼ってあげたいけど様々な事情で飼えない。そんな時はぜひ里親を探してあげてください。幸せな猫生を送れるためにも里親探しで気をつけたいことをまとめました。

まずは病院で健康チェックをしてあげましょう

出典:shutterstock

里親を探す前に、必ず病院へ連れて行き健康チェックをしてください。年齢、性別、避妊去勢手術の有無、ワクチン接種の有無など、里子となる猫がいまどんな状態なのかを聞かれて答えられるようにしておく必要があります。また状態によっては里親に出す前に治療を優先しなければならないこともあります。

里親募集はインターネットでもできます

近年はインターネット掲示板で探すことができるようになり、より里親さんが見つかりやすくなりましたが、まずは信頼のおける身近な人に聞いてみることからはじめてみましょう。診てもらった動物病院に募集広告を貼りださせてもらうことを相談してみるのもひとつの手です。

里親に引き渡す前に、必ず猫と里親さんとの”お見合い”をしましょう

里親さん候補が現れたら、すぐに引き渡してしまわずに必ず”お見合い”をしてください。猫との相性を見るということもありますが、里親さんの人柄を見たり、この子を飼いたい気持ちがあるのかを確認するためでもあります。事件にもなった動物虐待や猫を扱う業者かを判断することができます。

ワクチン接種後は1週間ほど様子を見てから引渡しましょう

里親さんが決まったとしても、ワクチン接種をすでにしている場合は、接種後最低1週間はそのまま面倒を見てから引き渡すようにしてください。引渡し後に生活環境の変化によるストレスで体調を崩してしまった場合、抵抗力が弱まりワクチン内のウイルスが悪さをすることがあります。里子が子猫なら特に注意が必要です。

引渡しはなるべく里親の元へ届ける形がベストです

出典:shutterstock

猫を引渡す場所は、できれば里親さんの家までお届けに行ってあげることが理想です。これは猫を飼うのに必要なものは揃っているか、子猫の場合は日中お世話をしてくれる人はいるかなど、ここでかわいがって育ててくれるのかを確認するためです。引渡し後1ヶ月程度は状況を報告してもらえればさらに安心ですね。

いかがでしたか?縁あって出会った猫、幸せな猫生が過ごせるように、上記のことに注意してぜひ信頼できる里親さんを見つけてあげてくださいね。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

これで安心!花王 ニャンとも 清潔トイレ 脱臭・抗菌マット 6枚入

サッと吸収してくれるので脱臭・抗菌効果が抜群です!針葉樹の木材が主成分だから環境と愛猫にも優しい!

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

愛猫のブラッシングのススメ!便利で役に立つブラシ大公開

愛猫の毛づくろいは毎日のこと。猫の毛玉が気になる飼い主さんは多いと思います。愛猫が喜んでくれるブラッシングの…

不要なペットシーツを寄付して保護団体に役立てる

いらなくなったペットシーツってどうしてますか?実はこれ、物資提供することができるのです。今回は、寄付する場合…

「今日から僕がお兄ちゃんだよ!」子犬をクリスマスプレゼントされて照れまくる男の子

まだ幼さが残る男の子が受け取ったクリスマスプレゼントは、なんと子犬でした!嬉しいやら恥ずかしいやら、不思議な…

関連するキーワード