赤ちゃんと猫、癒やされるけどヒヤッとすることもあります

赤ちゃんが猫を見て喜んだり頭をなでてあげたり、猫が赤ちゃんにスリスリしたり…見ていてとっても癒されますが、ひげや尻尾をひっぱったり機嫌が悪い時に近づいていってしまったり!ヒヤっとする瞬間があることも事実です。猫と乳幼児が暮らす上で特に気をつけたいことをまとめました。

若い猫は赤ちゃんをおもちゃとして見ているなんて事も!

出典:shutterstock

まだ若い猫にとって、赤ちゃんの行動が遊びを誘っている動きに見えることがしばしばです。手をふっていたり足をバタバタさせる動きに反応して、飛びついて爪や歯を立ててしまうことも!赤ちゃんが寝ている時にたっぷり遊んであげましょう。ねんねの時期の赤ちゃんのそばに行ったときは、見守ってあげてください。

青年期の猫とは赤ちゃんはいいコンビ、赤ちゃんの力加減には注意!

出典:shutterstock

ある程度落ち着いてきた年齢の猫は、赤ちゃんを見守ってくれることが多いようです。我が家の猫たちも寝ているとそばで見守り、遊んでいると離れたところで静かにしていることが多いです。愛猫に対して赤ちゃんが手加減せずに引っ張ったりたたいたりしないように注意しましょう。

老猫には赤ちゃんの存在がストレスになることも考えられます

出典:shutterstock

一日中寝ていることが多くなってくる老猫にとって、ドタバタと騒がしい赤ちゃんはストレスに感じてしまうことも。赤ちゃんが愛猫を触れないような、落ち着いて過ごせる場所を作ってあげることと、新しい猫を迎えた時と同じように、少しずつふれあいの時間を長くして徐々に慣れさせていくようにするといいでしょう。

猫用品を赤ちゃんが誤飲しないよう注意しましょう

猫のおもちゃは小さいものが多く、赤ちゃんは舐めたり飲み込んだりしてしまうかもしれません。必ず手の届かない場所へ置き、おもちゃを使う時はそばにいるようにしましょう。フード、トイレなどはベビーゲートを設置した中に置くと安心です。猫たちはゲートを飛び越えてくるので、ちょっとした運動にもなりますね。

特に猫砂の誤飲には最大限気をつけましょう

我が家の子どもたちもやりました、猫砂の誤飲。一粒くらいなら大丈夫だと言われましたが…気分のいいものではないですよね。絶対必要なトイレと猫砂、粒を大きいものにして落ちていたらすぐ気付けるようにする、足につく猫砂を落とすマットを敷く、屋根付きトイレにするなど、”猫砂が部屋に散らばらない”工夫が必要です。

我が家の子どもたちもやりました、猫砂の誤飲。一粒くらいなら大丈夫だと言われましたが…気分のいいものではないですよね。絶対必要なトイレと猫砂、粒を大きいものにして落ちていたらすぐ気付けるようにする、足につく猫砂を落とすマットを敷く、屋根付きトイレにするなど、”猫砂が部屋に散らばらない”工夫が必要です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

関連する読みモノ

できなくて当然!?犬のしつけは撫でて褒める愛情と信頼のしつけ法が近道♡

犬のしつけ方法は様々ですが、たくさん褒めてたくさん撫でることで、愛犬も期待に応えてくれるようになります。

ペットの健康を守ってくれる「ペットフード安全法」とは?

大切なペットの健康にかかわるペットフードの安全性はどのように守られているのでしょうか。今回はペットフードにつ…

心構えもしっかりと!犬を飼う時に覚えておきたい4つのデメリットについて

興味本位で犬を飼って、そのあとに後悔しているという方も少なくないかもしれません。犬を飼うことで得られるメリッ…

関連するキーワード