猫が餌を食べなくなのは、理由があるの?

ドライフードに限らず、餌を食べない、途中で残してしまう猫は多く、悩んでいる飼い主さんは少なくないようです。
猫は好き嫌いが多いのでしょうか?病気の可能性や対象法など、さまざまな観点から猫が餌を食べないことについてまとめてみました。

同じ餌を食べないのは飽きてしまったから?

出典:shutterstock

同じ餌を食べなくなってしまった場合には、本能として食べ物を変えることで違う栄養素を吸収したいという働きもあると考えられているようです。
始めは食べていた餌を食べなくなってしまったら、違うものを交互にあげたり時々手作りごはんを併用するなど工夫をしてみましょう。

食べなくなったらトッピングをしてみるのも一方法です

猫は香りで食欲を感じたり、また食べる場合が多いものです。時間が経った餌を食べないまま放置していることが多いのも、臭いが消えてしまっていることが考えられます。
あまり量を食べていなかったり香りが薄い餌にはトッピングをするなど工夫するのも良いですよ。

成猫になる前に香りの強い餌を食べていると、嗜好性が強くなることも

出典:shutterstock

香りで餌を食べる傾向はあるようですが、子供の頃に味のあるものや香りの強いものばかり食べてしまうと嗜好性が強くなることもあり、食べなくなってしまうことがあります。
成猫になってから餌の傾向を変えようとしても難しいものです。成長期には出来るだけ香りのきついもので食べる習慣をつけないのも一つの方法です。

餌を切り替えてたら食べない、それなら元に戻してみましょう

今までは食べていたのに、餌を替えてしまったら食べない、なんてことはありませんか?その場合は猫にとって合っていた餌を替えてしまったことが原因なので、余程の理由がない場合には元に戻すと食べるようになることが多いものです。
また、環境の変化が影響することもあります。

まったく食べない、元気がないなどの場合には病院へ

途中までは食べるけど残す、などの場合には飽きてしまっていることが多く、健康上の心配はあまりありませんが、まったく食べない場合には様子を見て病院へ相談しましょう。
特に元気が無い、嘔吐があったなどの場合には何らかの病気の可能性も高いのです。

健康のために大切なことは、美味しいものを与えすぎないこと

最近の猫は餌もおやつも美味しい物が充実していて実際には好き嫌いもかなり増えているようです。特に飼い主さんがいろいろ与えてしまい過ぎても、もっと美味しいものが貰えると学習してしまうこともあります。
子供の頃から出来るだけ味のついたもので慣れないようにするのも、健康上にも大切なことです

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

トイレ掃除が簡単になる?猫砂 紙製 『ブルーDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

紙製の猫砂なのでトイレに流して処理ができるのがおすすめ。おしっこしたところがブルーに染まり、お片づけのサイン…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

定期接種が理想的、でも知っておきたいワクチン接種の副作用

愛猫のワクチン接種を定期的に行っている方も多いと思います。健康維持と病気予防には欠かせませんが、副作用が出て…

健康のために年に一度は受けさせたい、猫の健康診断ってどんなもの?

言葉を話せないからこそ、愛猫にぜひ受けさせたいのが健康診断です。どのようなチェックをするの?費用はどれくらい…

一人暮らしでも猫を飼いたい!猫の飼い方、育て方

朝早く家を出て帰りも遅い仕事だけど、猫を一人ぼっちで長い時間お留守番させても大丈夫なのでしょうか。一人暮らし…

関連するキーワード