多くは一日1〜2回、愛猫の食事タイムは一日何回ですか?

多くの飼い主さんは猫の食事回数は一日1回か2回だと思います。かくいう筆者の飼い猫たちも一日2回の食事回数です。ですが、猫の理想的な食事回数は一日4回!これにはきちんと理由があるんです。理想的な食事回数とそれを叶える自動給餌機についてまとめました。

猫は肉食動物、少量ずつ何回にも分けて食べる習性があります

出典:shutterstock

普段ののんびりした姿から忘れがちですが、猫は”肉食動物”、食事は狩りをして獲物を捕まえることで賄っていました。なので胃袋はそれほど大きくはなく、また次いつ獲物にありつけるか分からないため、少量ずつ食べる習性があるのです。一度に沢山の食事を摂ることは、実はちょっぴり負担になることなのです。

一般的に子猫は一日4回、成猫は一日2回と言われています

「食事は子猫のうちは一日4回、徐々に減らして成猫では一日2回にしましょう」というのを見聞きしたことがありませんか?一般的に言われている食事回数ですが、これは日中仕事などで家を空けることが多い人間のライフスタイルに合わせた結果ともいえるもので、猫本来のライフスタイルからは少々異なるのです。

よく吐いてしまう子は、一回の食事量を減らし回数を増やしましょう

獲物を横取りされないように・・・という野生の名残なのかフードを慌てて食べてしまう子に多いのが、食べ終わった直後の嘔吐です。形がそのまま残って出してしまうのは、小さい胃袋に入りきらないのに口に入れてしまうから。毎回のように吐いてしまう場合は、1回の食事量を減らし、回数を増やすことで防ぐことができます。

「また後で食べるから」をそのまま放置するのは衛生面からもNG

1日2回の食事時、少量だけ食べてどこかへ行ってしまい、しばらくするとまた戻って食べている、なんていうことはありませんか?衛生面からみてもだらだら食べるのはあまり好ましくありません。4回の食事回数にすれば1回の量を減らせ、10分程度で食べきれるようにするとだらだら食べはなくなります。

出典:shutterstock

一日4回も食事の用意が難しい場合は自動給餌器を使いましょう

仕事や用事で外出など、日中ずっと家にいるのは難しいですよね。1日4回のうち2回を自動給餌器であげれば、朝と夜の2回を飼い主さんが用意することで実現できます。ごはんをあげることは飼い猫とのコミュニケーションにもなりますので、全て自動給餌器に任せることのないように注意しましょうね。

いかがでしたか?1日4回と聞くと大変そうですが、自動給餌器を上手く活用して、肥満予防に、早朝にごはんコールがない様に、飼い主にも猫にも負担のかからないお食事タイムにしてあげたいですね。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

関連する読みモノ

知らなかった!?ペット飼育禁止物件で犬を飼ってはいけない理由

ペットを飼育するには、ペット飼育可能な物件であることが前提であり、常識です。ところが、中には禁止されているの…

猫のしつけで困っている人必見! 定期講演から自宅訪問で受けられる猫のしつけ相談

猫のしつけ教室はあるのでしょうか?猫も初めての場合は特にしつけに悩むことはあるものです。東京の猫のしつけ教室…

犬にパンをあげるときの注意点

犬にパンを与えてもよいのか疑問に思っていませんか。いくつかの点に注意すればパンを与えることに問題はありません…

関連するキーワード