食べなきゃ治らないのに食べてくれないのはツライ!

猫の病気で代表的なものに挙げられる腎臓病と尿疾患。治療として毎日の食事管理が重要になりますが、この病院処方食がクセモノ、なかなか食べてくれないんですよね。味にうるさい猫のため、飼い主さんができることをまとめました。少しでも療法食を食べてくれるよう参考にしてみてください。

対策1.突然全量切り替えず、最初の食事はいつものものにしてみましょう

出典:shutterstock

病院から帰ってきて最初の食事で全量療法食に切り替えてしまうと、病院でのイヤな記憶と療法食が結びついてしまい、食べないという結果につながってしまうことがあります。初めての療法食は猫が落ち着いているときに与え、病院後すぐの食事は今までどおりのものを与えて安心感を持たせてあげましょう。

対策2.療養食に慣れるまで時間がかかると覚悟しましょう

食べないからと次々にメーカーを代えてしまうと、全メーカーの療法食を食べなくなってしまい食事管理ができなくなってしまいます。多くの猫は新しい食事に慣れるまで約1ヶ月はかかると思って間違いないと思います。療法食ならなおのこと慣れるまで時間がかかるものだと理解し、あせらずゆっくりと切り替えを行いましょう。

対策3.いつもの餌に少量ずつ混ぜてみましょう

出典:shutterstock

一日でも早く慣れてほしくても、食べる量が減ってしまうと体重が落ち、症状が悪化する原因にもなってしまいます。まずは少量をいつものご飯に混ぜ、徐々に療法食を与える割合を増やしていくようにしましょう。ウェットタイプの療法食ならいつものご飯にトッピングするようにあげてもいいかもしれません。

対策4.トッピングや温度を変えて反応を見ましょう

病気になったことで、味や食感の好みが変わる子がいるそうです。ドライからウェットに変えてみたり、ドライをふやかしてみたりと愛猫の好みを探ってみましょう。味付けをしていない鶏やマグロのゆで汁をトッピングすると、食べてくれるかもしれません。ウェットフードをレンチンして人肌に温めるのも効果的です。

対策5.どうしても食べない時はメーカーを変えてみましょう

あれこれ試したけどやっぱり食べてくれないとなったら、獣医に相談してメーカーを変更してみましょう。療法食はロイヤルカナンなどが販売しています。味や匂い食感など、メーカーごとに異なりますので愛猫の好みのものが見つかるかもしれません。

いかがでしたか?療法食による食事管理は症状改善には欠かせないこと。少しでもおいしく食べてくれる工夫をして、また元気になれるように見守りたいですね。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

愛猫と仲良くなれちゃう!?猫の健康もサポートする癒される肉きゅうマッサージ

猫の肉きゅうは猫好きさんにはたまらない部位です。猫ちゃんも飼い主さんも癒されながら、肉きゅうをマッサージして…

屋内で猫を飼う時、猫草っては必ず用意した方がいいの?

屋内で猫を飼うには、植物に触れる機会が少ないので猫草が必要だと思われがちです。今回は、猫草の必要性や育て方に…

愛猫のこんな症状には注意して!猫の貧血と治療法と予防法

猫の病気は歯周病などの口腔の病気や泌尿器疾患、感染症のイメージが強いですが、意外と多いのが貧血です。猫の貧血…

関連するキーワード