まずはNGフードを知っておくことが大切です

出典:shutterstock

1、塩、砂糖、醤油、香辛料
2、鯛の骨、鶏肉の骨等、固い骨(イワシやの骨など柔らかい骨はカルシウム補給にOK!) 
3、貝、たこ、いか 
4、チョコレート(甘いものは基本NG)
5、牛乳 6、生卵(特に白身はNG) 
7、なす、ピーマン、トマト、玉ねぎ、じゃがいも、です。

タンパク質が摂れる、定番素材を覚えましょう

猫はもともと肉食動物。昆虫や鼠を食べて生きてきました。それをふまえて、いま手軽に手に入る食べ物のなかで、一番のおすすめは鶏肉。

猫は魚、というイメージも強いですが、魚をあげるなら、細かい骨のないものを。肉も魚もなるべく抗生剤や保存料等の薬を使っていないものが理想です。

安心できる定番野菜を覚えましょう

野菜は基本、ゆでましょう。ゆで汁はスープとして、水分補給用にあげてください。肉と混ぜて、細かくきざむかつぶして、あげてください。

定番野菜は、にんじん、きゅうり、キャベツ、レタス、かぼちゃ、ブロッコリー、小松菜、など。しいたけやきのこなどの木の子もOKです。農薬や肥料に配慮したものがベターです。

手作りご飯、週一回程度から与えて愛猫の様子を見ましょう

出典:shutterstock

最も大切なのは、猫ちゃん一匹一匹の個体差を認めることです。じっくり観察しながら、挑戦してみてくださいね。また、猫と人間は根本的に内臓のはたらきや消化酵素が違いますので、人間の感覚でフードを作らないことが大切です。

まずは週に1回ぐらいから、様子を見つつゆっくりやってみることをお勧めします。

まとめ

猫ちゃんのごはん。こだわって考え始めると、とっても奥が深いです。本も何冊か出ています。栄養学としてまだ解明されていない部分も多く、その意味で、市販の栄養バランスが整ったフードも大切です。

手作りごはん、まずは週に1回程度からはじめてください。飼い主さん自身が楽しみながら、やってみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

関連する読みモノ

2月22日は「猫の日」♪海外にも猫の日はあるの?おもしろ豆知識♡

猫好きさんが心待ちにしている2月22日は「猫の日」です。今回は猫の日にちなんだおもしろい豆知識や、世界の猫の…

病院で勧められるオス猫の去勢手術、去勢後はどうなるの?

オス猫は生後半年を過ぎると去勢手術を勧められます。したほうがいいと言われるのはなぜでしょうか。去勢すると猫は…

猫のウェディングドレス(ショップ・注意点・可愛いドレス紹介)

自分の子供のようにさえ感じられるペット。猫専用のドレスを選ぶ上で、注意点はあるのでしょうか?ここでは、実際の…

関連するキーワード