オス猫が旅に出るのには理由があります

出典:shutterstock

オス猫を飼っていると、放浪癖があったり、なかなか帰ってこないという話を良く聞きます。始めのうちは帰ってくることはあっても、遂には行方不明ということも少なくありません。

こんなオス猫特有の放浪には去勢が大きく関係するのをご存知ですか?

オス猫が放浪してしまうのは発情期だから

オス猫が家出し、放浪してしまうのは発情期に多く見られます。

これはメス猫を求めて旅に出てしまうものですが、近隣を廻る程度ですぐに帰ってくることもあれば、場合によっては数日、数週間など、かなり長期に渡ってしまうこともあります。

帰ってこなくなってしまう原因は行動範囲にあります

出典:shutterstock

猫の行動範囲は飼い猫であれば、半径およそ200mと言われています。これ以上離れてしまうと戻れなくなってしまう可能性が高くなると考えても良いのです。

これは迷ってしまうというのも考えられますが、途中で事故にあったり他のオス猫との喧嘩など何らかでケガを負い命を落としてしまうことも考えられます。

放浪は毎年距離が延びるという傾向があります

オス猫は、発情期の度にこうして放浪してしまうことが多く見られますが、その距離も回数を重ねるごとに延びていく傾向もあるようです。

その為、始めのうちはせいぜい翌日には戻ってくるということも多く、安心しがちですが、次第に放浪期間も延び、最後は帰ってこれない事態も起こりやすいのです。

オス猫の放浪癖を予防するには去勢手術が一番です

出典:shutterstock

こうしたオス猫の放浪癖を予防するには、一番はやはり去勢手術を行うことです。

最近はしっかり室内で飼育している家庭も増えていますが、去勢していない場合には発情期には外に出たがります。去勢後も外に出るのを好む猫は多いですが、せいぜい近隣だけでメスを求めて放浪する可能性はかなり抑えられます。

去勢することで性格が大人しくなる傾向があります

オス猫に見られる尿スプレーなども抑えられたり、全体的には大人しくなる傾向は見られます。

何よりもまず不要な子猫を増やしてしまうという可能性が無くなるのは大切なことです。

特にオス猫はメスを争ったり縄張り争いなどの喧嘩も多いものです。喧嘩でのケガが無くなるのも健康上非常に大切です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

オス猫を飼っていると、とにかく外出したがる、帰ってこないという悩みを持つ飼い主さんは多いようです。

また、特に発情期にはケガが絶えないというのもオス猫を飼っている上で悩みの原因になります。室内でのスプレーなどの予防にも、早めの去勢は大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

爽やかな香りのペットシーツ 緑茶DEシート

緑茶の香りがおしっこの嫌なにおいを軽減。しっかりとした厚みがあり消臭力もバツグンです。

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

関連する読みモノ

猫の小さなお悩みを解決する便利グッズ ー食事編ー

猫の食事や食器にまつわるポイントを押さえると、暮らしが快適になります。今回は、猫との暮らしで起こりがちな小さ…

猫は散歩に連れて行かなくていいの?散歩に連れて行かない理由とは?

室内で飼われている猫の多くは、飼い主が散歩に連れて行きません。猫は犬と違い、散歩の必要はないといわれています…

お留守番中の犬は何をする?衝撃の結果は・・・!

お留守番を任された犬。飼い主が外出中になったら、一体お部屋で何を始めだすのでしょうか。飼い主さんのいないすき…

関連するキーワード