オス猫が旅に出るのには理由があります

出典:shutterstock

オス猫を飼っていると、放浪癖があったり、なかなか帰ってこないという話を良く聞きます。始めのうちは帰ってくることはあっても、遂には行方不明ということも少なくありません。

こんなオス猫特有の放浪には去勢が大きく関係するのをご存知ですか?

オス猫が放浪してしまうのは発情期だから

オス猫が家出し、放浪してしまうのは発情期に多く見られます。

これはメス猫を求めて旅に出てしまうものですが、近隣を廻る程度ですぐに帰ってくることもあれば、場合によっては数日、数週間など、かなり長期に渡ってしまうこともあります。

帰ってこなくなってしまう原因は行動範囲にあります

出典:shutterstock

猫の行動範囲は飼い猫であれば、半径およそ200mと言われています。これ以上離れてしまうと戻れなくなってしまう可能性が高くなると考えても良いのです。

これは迷ってしまうというのも考えられますが、途中で事故にあったり他のオス猫との喧嘩など何らかでケガを負い命を落としてしまうことも考えられます。

放浪は毎年距離が延びるという傾向があります

オス猫は、発情期の度にこうして放浪してしまうことが多く見られますが、その距離も回数を重ねるごとに延びていく傾向もあるようです。

その為、始めのうちはせいぜい翌日には戻ってくるということも多く、安心しがちですが、次第に放浪期間も延び、最後は帰ってこれない事態も起こりやすいのです。

オス猫の放浪癖を予防するには去勢手術が一番です

出典:shutterstock

こうしたオス猫の放浪癖を予防するには、一番はやはり去勢手術を行うことです。

最近はしっかり室内で飼育している家庭も増えていますが、去勢していない場合には発情期には外に出たがります。去勢後も外に出るのを好む猫は多いですが、せいぜい近隣だけでメスを求めて放浪する可能性はかなり抑えられます。

去勢することで性格が大人しくなる傾向があります

オス猫に見られる尿スプレーなども抑えられたり、全体的には大人しくなる傾向は見られます。

何よりもまず不要な子猫を増やしてしまうという可能性が無くなるのは大切なことです。

特にオス猫はメスを争ったり縄張り争いなどの喧嘩も多いものです。喧嘩でのケガが無くなるのも健康上非常に大切です。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

オス猫を飼っていると、とにかく外出したがる、帰ってこないという悩みを持つ飼い主さんは多いようです。

また、特に発情期にはケガが絶えないというのもオス猫を飼っている上で悩みの原因になります。室内でのスプレーなどの予防にも、早めの去勢は大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

関連する読みモノ

お刺身あげちゃいけないの!?猫に絶対与えてはいけない、赤血球を破壊するあの食べ物

食欲が旺盛な猫には人の食べているものを欲しがる猫もいます。かわいいからとついあげてしまいがちですが、中には危…

いざという時のため、愛猫のために備えてますか?猫用品の災害時備蓄について

もしも災害が起きたとき、愛猫を守れるのは飼い主さんだけです。災害が発生したときに備えて、猫用品を最低限備蓄し…

猫の痙攣、もしかして「てんかん」かも!てんかん発作を起こした時の対処法

突然愛猫が目の前で痙攣し始めて意識を失ったら?想像するのも怖いのですが、もしかしたら起きるかも知れません。猫…

関連するキーワード