猫とお散歩したい!猫はお散歩に連れて行かなくていいの?

犬のお散歩は多いのに、猫は滅多に見かけませんね!猫はお散歩は必要無いのでしょうか?

ハーネスも売っていますし、中には猫と散歩したいと思っている飼い主さんもいるようです。

猫とのお散歩にはどんな注意が必要なんでしょうか?

愛猫がお散歩出来るタイプなのかによります

犬も性格によって頻度や運動量は違いますが、ほとんどが散歩をしますし必要です。
一方、猫の場合には外に出るのは好きですが、犬のような散歩が出来るとは限りません。中には外出自体苦手な猫もいます。まずはお散歩が出来る猫かどうかが大切です。

出来るだけ月齢の小さい時から外に慣らしておきましょう

出典:shutterstock

猫も犬同様、いきなり外に出すのではなく、月齢の小さいうちから抱っこやキャリーバッグなどで外の世界に慣れさせておくことは大切です。

飼い主さんが自分の散歩の時に抱っこで連れていったり、生活音に慣れさせておくのもいいようです。

猫にもハーネスやリードは必要なの?

出典:shutterstock

猫もハーネスはもちろん必要です。首輪にリードも付けても良いですが、ハーネスの方が外れにくいようです。サイズや性格もあるので合った方を選びましょう。

抱っこやキャリーバッグに入れる場合でも、リードやハーネスは必要です。何らかに驚いて逃げてしまうこともあります。抱っこの時もリードをしっかり持ちましょう。

猫に合った時間帯や場所を選びましょう

猫は夜行性です。夕暮れ時などには大人しく散歩が出来る猫もいます。

しかし、いずれにしても犬のようにあまり長い距離の散歩は難しいようです。

猫が嫌がらない時間帯があれば、その時間だけ自宅周りや公園などを散歩させるのもいいですね。

猫はお散歩より気ままな徘徊を好む傾向が強いです

出典:shutterstock

猫は犬用に決まった道や場所を散歩するより、自由に徘徊するのを好む傾向が強い生き物です。高所から飛び降りたりといった行動も好きな為、散歩に向かない猫は多いものです。

どうしても外に出たい時にはハーネスをつけて庭や自宅周辺を軽く歩かせるなどで十分なのです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

猫は基本的には自由に徘徊するという性質が強く、決まったコースをお散歩出来るのは少ないのです。大人しい猫であればペット用のバギーに乗せて散歩するのもいいですし、散歩が出来る場合でもリードは必要です。

猫はキャットタワーなど室内での運動を充実させてあげることでストレス解消に繋げる方が良さそうです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

天然素材を使用したサクラの香りの猫砂 10L×5袋

桜の香りがする猫砂。また、木の成分がもつ消臭効果・抗菌作用でより快適に。10Lの大容量を5袋セットにしてお得…

触れても、口の中に入っても安全!プリジア スプレータイプの消臭剤 400ml

ブリジアはスプレータイプの除菌・消臭剤です。空気中に噴霧しても人やペットに触れても問題ありません。

猫砂 ひのき 『 ひのきDEサンド 』トイレに流せる猫砂 7L

天然の木の香りで消臭とリラックスこ効果も! おしっこで濡れたところが固まり、お片づけも簡単。水洗トイレに流す…

関連する読みモノ

猫の痙攣、もしかして「てんかん」かも!てんかん発作を起こした時の対処法

突然愛猫が目の前で痙攣し始めて意識を失ったら?想像するのも怖いのですが、もしかしたら起きるかも知れません。猫…

使いやすい猫用キャリーバッグを選ぶための3つのノウハウ

猫の移動に欠かせないのがキャリーバッグです。動物病院に行くときや車に乗せる時など、キャリーバッグは欠かせませ…

猫をお風呂にいれるのは大変⁈シャンプー上手になる秘訣とは?

猫も飼い主も必死になってしまうお風呂。シャンプーは猫が最も嫌がる行為の一つです。猫のお風呂の負担を最小限にす…

関連するキーワード