猫は舌をしまうのを忘れているの?

出典:shutterstock

猫が舌を出したままで寝ていたり、ボーっとしていたりするのを、見たことがある飼い主さんは多いでしょう。
「暑い?」「疲れた?」「つらい?」等と心配してしまいますよね。

何か理由があるものなのか、はたまた無意識の行動なのか、猫の舌にまつわるおもしろいヒミツを探っていきましょう。

猫はあごが小さく舌が長め

猫は、アゴが小さい割には舌が長めで前歯が短いので、気を抜くと舌が出やすいんです。

猫が舌を出している状況の多くは、睡眠中か食事や毛づくろいの後が多いです。猫はリラックスしたり安心した状況になると、舌が出てしまうようです。

毛づくろいの最中に呼びかけられたりすると、舌が出ていることを忘れてしまうことも…。

のんびり屋さんの猫は舌を出す?

多頭飼いで1匹だけ舌が出ていると気になりますよね。

猫の性格や環境にもよるようです。警戒心が強かったり、怖がりだったりする猫は、舌をしまい忘れることは少ないようです。

性格的にものんびり屋さんで、子猫の頃から完全室内飼いの猫によくみられるのだそう。

舌を出したままだと疲れないのかフシギですよね。

猫の種類にも関係あるのでしょうか

出典:shutterstock

毛づくろいの回数が多い長毛種は、長時間をグルーミングに費やします。そのため疲れやすく、毛づくろいの最中に舌が出てしまうことが多いんです。

休憩中なんでしょうね。

顔が平べったい種類の「ヒマラヤン」「ペルシャ」などの猫はアゴが小さいので、舌が収納しきれず、前歯も短いので抑えになれず、ついつい出ちゃうのでしょう。

ずっと舌が出しっぱなしの場合は病気も疑いましょう

同居生活が長くなると舌を出すしぐさが表れることがあります。しかし、急に舌を出し始めたり、長時間出たままだったり、リラックスしていない場合は、病気が潜んでいることもあります。

特に口の中の病気には注意しましょう。
舌が出始めた以外で、「息が荒い」「口臭」「よだれ」「元気がない」「食欲が落ちた」等の症状があれば、動物病院に受診しましょう。

猫舌ってよく言うけど、本当に猫は猫舌なの?

自然界でアツアツの食べ物なんてないですよね。

猫に限らず動物は基本的に熱いものが苦手です。動物の多くはひと肌程度の温かさを好むみたいです。

猫は舌で温度を感じているわけではないので「猫舌」という名前はフシギですね。昔からペットの中でも室内飼いされてきた猫だからこそ、温度に敏感な印象が付いたのかもしれません。

まとめ

愛猫が舌を出すとカメラで撮影してしまう飼い主さんも多いでしょう。

猫の体の構造や習慣が原因の一つではありますが、「つい、うっかりしまい忘れる」という理由には癒されます。

可愛いしぐさにメロメロになってしまいますが、いつもと異常がないかの確認は忘れないでおきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

猫砂 『花王 ニャンとも清潔トイレ』 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 4L

トイレの際、飛び散らないよう大きめのチップで作られておるので、粉が舞うこともなく、お手入れの手間が省けます。…

猫ちゃんも快適!猫壱 ポータブル キャリー

猫ちゃんとお出かけするときはストレスを与えないようなキャリーが欲しいですよね!そんな時猫一のポータブルキャリ…

関連する読みモノ

使いやすい猫用キャリーバッグを選ぶための3つのノウハウ

猫の移動に欠かせないのがキャリーバッグです。動物病院に行くときや車に乗せる時など、キャリーバッグは欠かせませ…

種類が多くて迷っちゃう!猫の餌皿を選ぶポイントとお手入れのコツ

大きさやデザインもいろいろ、値段もピンキリで選ぶのが大変な猫の餌皿。そこで猫の餌皿をを選ぶときのポイントと長…

必死になったら猫だって泳ぐ?はじめてのお風呂が超カワイイ!

始めてのお風呂に驚いて、バタバタしているうちに泳いでしまった猫ちゃん。必死で逃げようとする姿がカワイイんです…

関連するキーワード