一人になると大騒ぎ、もしかしたら分離不安症かもしれません

出典:shutterstock

お風呂もトイレも、どこへ行くにも必ずついてくる・・・一見すると愛猫の愛情を感じる行動ですが、あまりにも過剰なつきまといや問題行動を起こす場合は分離不安症かもしれません。猫の分離不安症の主な症状と対処法を調べました。

分離不安症とは猫自身もコントロールできていない状態です

分離不安症の猫は飼い主さんを母猫に見立てて過剰な愛情を持ってしまい、少しでも離れると不安感からさまざまな問題行動を起こしてしまうようです。これは留守番をさせるといった飼い主さん側の原因ではなく、猫が感じる様々なストレスや不安から出る症状で、猫自身もコントロールができなくなっている状態なのです。

分離不安症の猫の主な症状、こんな症状ありませんか?

猫が分離不安症になると、過剰な後追い、昼夜問わず鳴き続ける、トイレ以外の場所での排泄、落下させたり齧ったりして物を壊す、飼い主さん以外に攻撃的になる、スプレー行為などの問題行動をするほか、食欲が落ちたり下痢や嘔吐をしたり、過剰なグルーミングでの脱毛などがあります。

分離不安症になる理由は?

出典:shutterstock

生後まもなく保護されたりペットショップで販売された猫は、本来は母猫がする”独り立ちさせるための育児”を受けられず、そのため精神的に自立ができなくなり、親となる飼い主さんに過剰に依存してしまいます。これが分離不安症になる原因のひとつとされています。

分離不安症かもしれないと思ったら、独り立ちさせる育児を実践

”独り立ちさせる育児”を真似て、愛猫に接します。特に外出前後は不安感が強くなりますので、出かける前に声かけはしない・帰宅後の興奮状態の時は無視をし、落ち着いてからたっぷり遊ぶということを徹底します。粗相などをした場合は過剰に反応せず黙って片づけをし、困らせても相手にしてくれないと分からせましょう。

症状が強く手に負えないと感じたら病院へ相談しましょう

分離不安症の症状が強く、甘やかせ過ぎない対応をしても収まらないときは、動物病院で相談をしましょう。症状を落ち着かせる薬や、フェリウェイを処方してくれます。薬とフェロモン剤を上手に利用し、症状を抑えていく治療を受けることで、徐々に治っていきます。


いかがでしたか?少し甘えん坊なら問題はなくても、過剰な甘えの分離不安症は心の病気です。愛猫の自立を促してあげれば必ず問題行動は落ち着きます。症状が強い場合は獣医に相談をしましょう。◆最後までお読み頂きありがとうございました。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

驚きの消臭力!強い吸収力!おからDEサンド

猫ちゃんが猫砂を食べてしまうのをやめてくれない!そのままでは猫ちゃんの腎臓が悪くなってしまう可能性があるかも…

天然素材を使用! サクラの香りの猫砂 10L

猫ちゃんの体にも安心な天然の木材を使用。サクラのほのかな香りでトイレをより快適空間に。

関連する読みモノ

一人暮らしでも猫を飼いたい!猫の飼い方、育て方

朝早く家を出て帰りも遅い仕事だけど、猫を一人ぼっちで長い時間お留守番させても大丈夫なのでしょうか。一人暮らし…

定期接種が理想的、でも知っておきたいワクチン接種の副作用

愛猫のワクチン接種を定期的に行っている方も多いと思います。健康維持と病気予防には欠かせませんが、副作用が出て…

猫の嘔吐の原因になりやすい毛球症(ヘアボール)、どうしたら減らせるの?

猫の毛球症、ご存知ですか?「体内にある抜け毛でできた毛玉」のことで、別名ヘアボールとも言います。猫が吐いてし…

関連するキーワード